FC2ブログ

千田琢哉名言その2714

  2019年01月17日20時58分47秒0008_R
である。



フェイクスマイル

つくり笑顔をすると、ストレスが軽減され
元気になる心理効果のこと。

アメリカの心理学者、タラ・クラフトとプレスマンの実験によって
明らかとなった。

被験者の口に様々な形→

①「笑顔」のようになるくわえ方
②「口角だけ」上がるくわえ方
③「笑顔にならない」くわえ方

で、「箸」をくわえさえ、
ストレスの度合いと調べたところ、
①がもっともストレスが低くなった。

このことから、たとえ”つくり笑顔”でも
心で感じるストレスは軽減され、元気になるのです。

たとえフェイクな人、フェイクな物であっても、
元気になる行為であれば、本当に元気になってしまうのです。

千田琢哉名言その2713

  2019年01月17日20時58分47秒0006_R



傾聴力

カウンセリングやコーチングなどで用いられた
コミュニケーションスキル。

ただ相手の話を聞くのではなく、
相手の立場や深層心理を理解しながら、
「深いレベルで共感する力」のことを指します。

コミュニケーションにおいて、
ただ相手の話を聞くだけでは、コミュニケーション効果は発揮しません。

絶妙なあいづちを打ったり、相手の立場に立って考えたりすることで
深いレベルのコミュニケーションが取れるのです。

効果は発揮してこそ、意味を持つものです。

千田琢哉名言その2712

  2019年01月17日20時58分47秒0005_R
やり続けるのだ。



習慣の定義

全世界3000万部、スティーブン・R・コヴィー著
「7つの習慣」。

本書では、「習慣の定義」をこう唱えます。

「知識」「スキル」「意欲」の3つが交わる部分



「知識」とは、「何をするのか?」「なぜそれをするのか?」という
問いへの答えをいいます。

「スキル」とは、「どうやってやるのか?」という
方法論のことです。

「意欲」とは、「それがしたい」という
動機のことです。

この「なぜ」「どうやって」「したい」の
3つが交わったところに「習慣」が生まれるといいます。

ずっとやる人というのは、
この3つが明確で、すでに行っている人のことです。

千田琢哉名言その2711

  2019年01月17日20時58分47秒0004_R
愚の骨頂。



顕在顧客と潜在顧客

顕在顧客とは、買う見込みのある顧客。

「商品やサービスを購入する予定がある」
「商品やサービスに興味がある」と目に見えるので、
顕在顧客と呼ぶ。

潜在顧客とは、ニーズに気づいていない顧客。
「ニーズを自覚していない」「ニーズを自覚しているが、商品やサービスを知らない」
と目に見えないので、潜在顧客と呼ぶ。

マーケティングセールスにおいて、狙うべきは後者の
「潜在顧客」です。

「ニーズを自覚していない顧客」の理由を突き留め、
「ニーズを自覚してくれる顧客」へと変化させることで、
潜在需要を獲得することができます。

千田琢哉名言その2710

  2019年01月17日20時58分47秒0003_R
靴との出逢いなのだ。



仮説思考
限られた情報から、最も可能性の高い結論を導き出す思考法。
問題の全体像を結論から考え、スピーディに解決するスキル。

一般的には、情報を集め、分析してから、
結論を導き出します。

しかし、この方法では
「時間」がかかります。

意思決定の精度を上げたい、スピーディに解決案を出したいのであれば、
結論を仮説し、答えを導き出すのです。

仮説を立て、検証し、また仮説を立てるサイクルを繰り返していくことで、
精度とスピードの両方を得ることができます。

始まりはわかりにくいので、
あえて、終わりから考えます。



千田琢哉名言その2709

  2019年01月17日20時58分47秒0001_R


思考は現実化する

成功哲学の祖、「ナポレオン・ヒル」の名著。
無報酬で、20年の歳月をかけ、万人に共通する成功哲学をまとめた一冊。
あらゆる成功本の原点。
ロング&ベストセラー。

「人は自分の運命を自分で決めることができる」といいます。

なぜなら、思考が今の現実をつくっているからです。

目の前に映ったモノ、出来事は
すべて「自分の認識」によるものです。

自分の「目」で捉えたものを、
自分の「脳」が認識し、
自分なりの解釈を行う。

つまり、思考が現実化したのです。



千田琢哉名言その2708

 

2019年01月17日20時58分47秒0002_R



禅の起源は古代中国。
始祖は「菩提達磨」というインド人。
座禅を組み、瞑想する修行法。

禅の目的は、「悟り」を開くことです。

悟りとは、自分の中にある仏性に気づき、
一切の執着を手放すことです。

人間の弱さは「執着」にあり、
執着を手放すことで、人生は自然に流れます。

千田琢哉名言その2707

  2019年01月02日07時43分39秒0015_R


ビギナーズラックの法則

初心者がなぜか成功してしまう法則。

偶然にしては説明がつかないけれど、
頻繁に起こる現象と言われます。

この理由として、初心者は固定観念がなく、
「力が抜けている」からです。

ビジネスに関しても、
専門知識や経験がない人の方が、
イノベーションを起こしやすいといいます。

「ツイッター」「シルク・ドソレイユ」などが
その好例です。

素人の独自の目線と力の抜け具合で
イノベーションが起こったのです。

千田琢哉名言その2706

  2019年01月02日07時43分39秒0014_R
にあり、苦労するということは
才能がないということであり、
苦労を感じない場所で活躍すべきであると考えていた。



成功法則

世界の成功者500人以上にインタビューしたリチャード・セント・ジョンは、
成功者たちに”ある共通点”を見つけます。

1.情熱を注げることをやる
2.懸命に働く
3.1つのことに集中する
4.自分を奮起させる
5.アイデアを生み出す
6.改善を続ける
7.人の為に価値のあることをする
8.あきらめずに粘り強くやる

とりわけ重要なのが、
「情熱を注げることをやる」です。

情熱を注げることができれば、
2以下はすべて、可能だからです。

では、成功に必要不可欠な
「情熱」はどこから生まれるのでしょうか?

それが「才能」です。

才能がないと、なかなか成長しないので、
挫折してしまいます。

才能があれば、成長速度が速くなり、
情熱を燃やし続ける事ができます。



千田琢哉名言その2705

  2019年01月02日07時43分39秒0013_R



無常

仏教用語。
この世のすべてのものは、移り変わっていくという意味。

この世に存在する者、物すべては、
常に変わっています。

人間は日々、細胞分裂を繰り返し、「カタチ」を変えています。

物も日々、劣化し、「カタチ」を変えています。

常にカタチを変えている自然に対し、
「何が正しいか」「何が正しくないか」は
重要ではありません。

目指すべきは、「臨機応変さ」です。


千田琢哉名言その2704

  2019年01月02日07時43分39秒0012_R
なのだ。




大義名分

稲森和夫曰く、
「経営者の私心を離れた大義名分を
起業は持たなくてはいけない」

先導者は、全体を俯瞰する必要があります。

私的、私心のミクロの観点から物事を見ていては、
大河の渦に飲まれます。

マクロの観点で、全体を俯瞰することで、
大河の流れを読み取ることができます。

千田琢哉名言その2703

  2019年01月02日07時43分39秒0011_R
な生き物だからである。



認知的不協和

自分の中に「矛盾を抱えている状態」「不快な気持ち」のことを指す心理学用語。

アメリカの心理学者、レオン・フェステンガーが提唱したものです。

人はこの矛盾を抱えている状態でいると、
心の中でその矛盾を解消しようします。

事実を曲げてまで、自分の考えや行動を正当化するのです。

やるのはいいけれど、
やられるのは嫌な矛盾した生き物です。

千田琢哉名言その2702

  2019年01月02日07時43分39秒0010_R


フロー

フローとは、
「人間が完全に集中し、のめり込んでいる状態」のことです。

心理学者ミハイ・チクセントミハイが提唱した概念です。

「寝食を忘れて何かに没頭していた」
「気がついたらこんな時間だった」など、
我を忘れて、集中している状態です。

この「フロー状態」になるには、
次の4条件が必要です。

①自分の能力と比べ課題が難しい
②対象をコントロールすることが可能
③結果に直接的なフィードバックがある
④集中を阻害するものがない

目先の利益より、
今の仕事にフローになることが、
成功への近道です。



千田琢哉名言その2701

  2019年01月02日07時43分39秒0009_R



ディスクロージャー

企業が正確な情報を公開すること。

ディスクロージャーの元の意味は、
「物事を明らかにすること」です。

分をわきまず、自分を大きく見せたり、
自分を良く見せたりするのは、
結果的にツケが回ってきます。

自分の身の丈に合った「服」を着ることが、
自分の魅力を最大限に引き出せます。


千田琢哉名言その2700

  2019年01月02日07時43分39秒0008_R



ゆでガエル理論

起業や組織において、
ゆっくりとした環境の変化には気づかず、
気づいた頃には、手遅れになってしまっていること。

カエルを沸騰した鍋に入れると、
飛び跳ねて逃げます。

水から徐々に沸かしていくと、
カエルは気づかずに、
そのまま「ゆでガエル」となってしまうのです。

嘘が常識の世界において、
嘘に慣れ切ってしまうことほど、
危険なことはありません。



千田琢哉名言その2699

  2019年01月02日07時43分39秒0007_R



内発的動機づけ

モチベーションアップには主に、
2つの動機づけがあります。

1つは、「外発的動機」づけ。

これは、強制や懲罰、報酬や評価など、
外部要因によって動機づけられることです。

もう1つは、「内発的動機」づけ。

これは、意欲による達成感や満足感、充足感などの
内的要因によって動機づけられることです。

普段から、「内発的動機づけ」の人は、
何をやってもダメな時期に強く、

普段から、「外発的動機づけ」の人は、
何をやってもダメな時期に弱いです。

前者は、淡々としていて、
後者は、一喜一憂しています。

千田琢哉名言その2698

  2019年01月02日07時43分39秒0006_R



選択と集中

競合他社との差別化を図るために、
自社の得意とするものを見極め、
そこに資源を集中投下する経営戦略。

これは、個人にも当てはまります。

自分の得意とするもの、才能など、
本当に必要な分野に、
時間とエネルギーを集中投下することで、
勝つことができます。

不得意、才能のない分野には、
エネルギーを注がないことが、
鉄則です。



千田琢哉名言その2697

  2019年01月02日07時43分39秒0005_R



クレーム対処の3原則

1.詫びる
2.状況を把握する
3.解決策の提案

1.詫びる…
クレームになる真因は、「負の感情」です。
まずは相手に負の感情を与えたことを、
詫びることからスタートします。

2.状況を把握する…
クレームが起こった経緯、事実を把握します。
メモなど、記録に残し、原因追求を図ります。

3.解決策の提案…
こちらに非があった場合、賠償責任を取ります。
真摯に対応することで、炎上を防ぐことができます。

この3原則には、ベースがあります。

それが「誠意」です。

お客様は、クレームに対し、
相手方の行動、つまり「誠意」を見ています。

千田琢哉名言その2696

  2019年01月02日07時43分39秒0004_R


GRIT

GRITは、心理学者アンジェラ・ダックワース氏が唱えた、
成功に必要な要素のことで、”やり抜く力”のことを指します。

淡々と成すべきを成すためには、
“やり抜く力”が必要不可欠です。

このやり抜く力には、
原動力となるものがあります。

それが「使命感」です。

使命感とは、「自分が行う理由に納得している」ことです。

自分が納得していれば、どんな困難も困難ではなく、
どんな状況に置かれても、淡々としていられるのです。

まずは、「自分が納得できる」ことを探すことから始まります。

千田琢哉名言その2695

  2019年01月02日07時43分39秒0003_R


リーダーシップ論

リーダーシップ論には、主に3つの定義があります。

「資本論」…資質や特質を重視した理論
「行動論」…リーダーの行動が課題に適しているかを重視した理論
「状況適合論」…状況によってリーダーシップは変わるという理論

とりわけ、「資本論」は、組織の命運を左右するものです。

リーダーに、リーダーの素質がなければ、
組織全体が腐っていきます。

千田琢哉名言その2694

  2019年01月02日07時43分39秒0002_R


才能


天才物理学者アルベルト・アインシュタインは
「天才とは1%の才能と99%の努力である」
といいます。

これは、「才能は1%に過ぎない」と言いたいのではありません。

「努力の前に才能ありき」と言いたいのです。

どんなに大きな努力をしても、
1%でも才能がなければ意味がありません。

効率を目指すなら、
50%の才能、80%の才能が必要になってきます。

努力をする前に、
才能の「量」を確認してから動くことが賢明です。


千田琢哉名言その2693

  2019年01月02日07時43分39秒0001_R




運を科学的にアプローチした本、
マックス・ギュンター著「ツキの科学」。

運のいい人は次の5つの特徴があるといいます。

①社交性に富む
②直感力がある
③勇気がある
④ラチェット効果を働かせる
⑤悲観的推測に基づいて行動する

注目すべきは、④の「ラチェット効果を働かせる」です。

運はすでに授かっているものなので、
この運をラチェット(歯止め)し、
自分が間違った方へ向かわせないようにします。

千田琢哉名言その2692

  2018年12月23日20時24分39秒0009_R


お金の使い方

お金を循環させるには、お金を使うことです。

しかし、お金はただ使うだけでは、集まってきません。

そこで、知りたいのが「お金持ちのお金の使い方」です。

富裕層のお金の使い道ベスト3
1.投資、資産運用
2.美術品・アンティークの収集
3.時計、宝飾品の収集

投資の中には、自分自身への投資も含まれます。

自分自身へ投資することは、ノーリスク、ハイリターン投資といえます。

千田琢哉名言その2691

  2018年12月23日20時24分39秒0008_R
使えばいいのだ。



自己投資

自分に投資をすること。

成功者に共通するお金の使い方は、
「自己投資をする」ことです。

どんなビジネスでも「等価交換」から成り立っています。

自己投資し、自分の価値を高めることで、
相手に高い価値を提供することができます。

相手に提供する価値が高まると、それに見合った報酬を得ることができます。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ