FC2ブログ

千田琢哉名言その2830

  2019年05月22日21時04分58秒0005_R
あるかによって、
結果が大きく左右されるものだからである。



自信を身につける3つのコツ

①率先して”人が嫌がる仕事”をする

率先して人が嫌がる仕事をしていると、
周囲から一目置かれる存在になります。

一目置かれることで自信が身につきます。

②自分の弱さを受け入れる

自分の弱さを受け入れると、
自分が感じる「恐怖を認める」ことになります。

「なぜ恐れているのか」がわかると、
恐れは恐れでなくなります。

③背筋をピンと伸ばし、胸を張る

南カリフォルニア大学のボーンズとウィルタームスら行った実験によると、
人間の動作で、「アゴを上げて胸を張る姿勢」を取ると、
ストレス耐性がアップすることが明らかとなりました。

背筋をピンと伸ばし、胸を張るだけで自身が身につくのです。


千田琢哉名言その2829

  2019年05月22日21時04分58秒0004_R
どう変わるかが重要なのである。


サイコパス

サイコパス(Psychopathy)
直訳すると「精神病質」。

一般的に反社会的人格を持つ人のことを指します。

脳科学の観点からみると、サイコパスは
「他人に対する共感性や痛みを認識する脳の働きが一般人とは異なる」
ことが、明らかとなっています。

サイコパスの特徴として、次の5つがあげられます。

「外見や口調が魅力的」
「恐怖や不安を感じにくい」
「多くの人がためらうことも平然とやってのける」
「嘘つきで自分を良く見せたがる」
「罪悪感がない」

意外にも経営者や上級管理職に
サイコパスの割合が高くなる傾向があるといいます。

サイコパスと聞くと、凶悪な犯罪者をイメージしますが、
そうではなく、「勇者」である可能性も否定できません。

千田琢哉名言その2828

  2019年05月22日21時04分58秒0003_R
そして頻度よりもストーリーで決まる。



物語戦略

岩井琢磨、牧口松二著、
「物語戦略」

物語戦略とは、
「物語」を経営資源とし、
これをビジネスモデルに組み込むことを言います。

自社の強みを「物語り」に仕立てることで、
競争優位性をもたらします。


企業の「物語」に必要なのが

「企業の強みをアピールする」
「企業の戦略方針に合致する」
「拡散したくなる」

の3つです。


自社の持つ強みをアピールすることで、
他社との差別化を図れます。

この「物語」は、伝説などではなく、
企業の戦略上の強みが元になっているので
信憑性があります。

そして、物語を思わず人に話したくなることで、
拡散力が見込めます。

千田琢哉名言その2827

  2019年05月22日21時04分58秒0002_R
種類の人間ほど、
実際には隙だらけだからである。



モラトリアム人間
成人してもアイデンティティの確立が出来ず、
親から自立できない人。

精神分析学者、小此木啓吾氏が名付けたことで有名。

モラトリアムとは、「しばらくの間やめること」という意味で、
知的、身体的には一人前になっても、
社会人として一人前になれない人のことをいいます。

アイデンティティ
アイデンティティとは、アメリカの心理学者、エリクソンが提唱したもので、
自己同一性という意味です。

人は成長するにつれ、
自分の存在意義を考えたり、将来を考えたりと疑問を持ちます。

その疑問と向き合い、
自ら答えを出していくことで得られる「自己」のことを指します。

時代が変わっても「メンツ」から脱却できない人は、
一定数存在します。

千田琢哉名言その2826

  経営コンサルタント時代に私が教わったのは、
2019年05月22日21時04分58秒0001_R


"成功は運がよかったから。
失敗は自分に力がなかったから。
そう考えて経営をやってきた。"


経営の神様と称される、松下幸之助の名言。

「運がよかった」と思える人は、
謙虚さと、感謝があります。

「運がない」と思ってしまう人は、
傲慢さと、自己の過大評価を持っています。

「失敗したとき」に、「実力不足」と答える人は、
謙虚さと、感謝があります。

「失敗したとき」に、「運が悪かった」と答える人は、
傲慢さと、自己の過大評価を持っています。

ふと出た言葉が、本音であることは、
周知の事実です。

ところで、
経営の神様は、面接時に
「あなたは運がいいと思いますか?」という質問に、
ノーと答えた人を不採用にしたという、有名な話があります。



千田琢哉名言その2825

  2019年05月19日20時53分15秒0002_R
ない。


ゲイン・ロス効果


ゲインロス効果とは、心理的局面において、
プラスとマイナスのギャップが大きいほど、
人の心に与える影響が大きくなる効果のことを指します。

はじめにマイナスの印象を与え、その後プラスの印象を与えた方が、
相手に好印象を抱かせることができます。

与えることの重要性が叫ばれる現代ですが、
最初から与えてしまうと、それが当たり前となり、
感謝しなくなります。

最初に与えるより、後から与える方が効果が大きいのです。

千田琢哉名言その2824

  2019年05月19日20時53分15秒0003_R


ブレスト

ブレインストーミング(BrainStorming)の略。

アレックス・オズボーン氏が考案したミーティング手法。

あるテーマについて、数人で自由にアイデアや意見を出し合うこと。

新しい発想、新しい手法、新しい戦略、新しい視点を導き出すのに有効。

あらかじめ、目的やルールを決めておかないと
時間の浪費で終わってしまいます。

ブレストで効果を出すためには、
3つのポイントがあります。

「相手の意見に批判しない」
「ファシリテーターを置く」
「結論は出さない」

相手の意見に批判してしまうと、
「論破することが目的」となってしまうので注意します。

ファシリテーター(進行役)を決めておかないと、
ただの雑談で終わったり、話が脱線したりします。

ブレストはあくまでアイデアを発想するのが目的なので、
結論は必要ありません。

千田琢哉名言その2823

  2019年05月19日20時53分15秒0001_R
結局、舐められるだけの関係に終わる。


強さとは?


チャールズ・ダーウィンは、

”最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、
変化できる者である。”

という名言を残しました。

つまり、強さとは変化できることです。

刻々と変わる環境に対して、順応できる人が
強いと言えます。

強くなるには?

強くなるには2つのポイントがあります。

①自分の“軸”を持つ
②過去の思考をアップデートする

①は、
知識や思考力を上げ、視野を広げることです。
視野を広げると、他人や環境から影響を受けにくくなります。

視野狭窄に陥るのは勉強不足だからです。

②は、
新しい知識や考え方を取り入れることで、
過去の失敗やトラウマをアップデートすることができます。

こだわりは見せかけの強さです。

千田琢哉名言その2822

  2019年05月09日16時57分15秒0010_R
人生は勝ちだ。


睡眠の質を上げる条件

世界屈指の睡眠研究機関
「スタンフォード睡眠研究所」によると、
睡眠の質を上げるには、ある条件があるといいます。

それが、「90分の黄金の法則」です。

「90分の黄金の法則」とは、
眠り始めの90分で、睡眠の質が決まるというものです。

この90分で深く眠ることができれば、
良質な睡眠が得られるというものです。

質の良い睡眠を得れば、日中のパフォーマンスが上がり、
一日を完全燃焼できます。

完全燃焼すれば、さらによく眠ることができ、
睡眠と覚醒の好サイクルが訪れます。

千田琢哉名言その2821

  2019年05月09日16時57分15秒0009_R
お金を惜しまない。


好き嫌いを決めるもの

一般的に人間の好悪は、
その場の感情で判断していると思われています。

しかし、実際は脳が過去の記憶に基づき、
「快」「不快」で判断していることがわかっています。

脳の「扁桃核」という部分から感情が生み出されるのです。

この扁桃核が記憶する際に、影響を与えるといいます。

自分にとって「快」な記憶であれば、
似たようなシチュエーションで「快」という感情が生まれ、

自分にとって「不快」な記憶であれば、
似たようなシチュエーションで「不快」という感情が生まれます。

これは出合った瞬間に、対象物が危険か否かを
すぐに判断できるように備えられた防衛本能なのです。

好悪はいたって本能的なのです。




千田琢哉名言その2820

  2019年05月09日16時57分15秒0008_R
お客様が叫んでいる内容とは
別のところにあることがほとんどなのだ。



クレーム対応の3つのステップ

①お詫び
②状況を把握する
③解決策を提案

①お詫び
どんなクレームでも、お客様を信じて謝罪することから始まります。
まずは、お客様を怒らせた状況に、お詫びするのです。
最初の謝罪の仕方次第で、その後の展開が180度変わってきます。

②状況を把握する
次にやるべきことが、状況の把握です。
原因解明のために、被害やそれまでの経緯などを正確に把握します。
メモや写真などを取り、お客様の連絡先も聞いておくことです。

③解決策の提案
こちらに非がある場合、賠償に対応します。
お客様と誠心誠意向き合う姿勢を取ることで、誠意が伝わります。

クレームは「不確実性」ではなく「リスク」なので、
事前準備が可能です。
 

千田琢哉名言その2819

  2019年05月09日16時57分15秒0007_R
学ぶこと。





頭の回転力をアップさせる方法

様々なものをインプットしたり、
自分の考えをアウトプットしたりするのに必要な「頭の回転力」。

この回転力を上げるためには、
脳の「前頭葉」を活発にさせる必要があります。

前頭葉を活発にさせるには、3つの原則があります。

①読み書き計算を行う
②コミュニケーションをとる
③手指を動かす

脳は情報の要点だけを断片的に記憶するので、
前頭葉を刺激する行動が効果的です。

千田琢哉名言その2818

  2019年05月09日16時57分15秒0006_R


自己投資


最もハイリターン、ローリスクな投資法。

景気にも株価にも世界情勢にも影響されない、
優良商品。

唯一必要となってくる資源が、
「お金」と「時間」です。

「お金」は、
セミナーに通ったり、本を読んだり、教養を深めたりするための
軍資金のことです。

これなくして、自己投資はできません。

「時間」とは、
孤独になれる時間のことです。

その他大勢と群れていては、
自分磨きは不可能です。

特に時間は奪われていることに気づきにくいので、
注意が必要です。

千田琢哉名言その2817

  2019年05月09日16時57分15秒0005_R
この例のように、
実は無数の先行投資が習慣化されていることが多い。



棚からぼたもち

意味・・・思いがけない幸運がやってくること。

棚からぼたもちが落ちてきて、
棚の下で寝ていた人の口に入った様子が
語源とされています。

昔は、砂糖が貴重品で滅多に手に入らないものでした。

そんな砂糖を使った「ぼたもち」を
労せずに、手に入ることは
とても幸運なことであることから、
この言葉が生まれます。

運の要素が強い「棚ぼた」ですが、
これを意図的につくり出すこともまた戦略です。

「ぼたもち」がありそうな場所を探したり、
いつでも落ちてきていいように、
その下で寝れる環境をつくったりと、
自ら戦略的に「棚ぼた」を狙います。


千田琢哉名言その2818

  2019年05月09日16時57分15秒0004_R
これも立派な「投資」である。


ケインズの美人投票理論

ケインズの美人投票とは、
イギリスの経済学者、ジョン・メイナード・ケインズが提唱した
「群集心理で株価が決まる」という理論です。

ケインズは、「株式投資は、美人投票のようなものだ」と言い、
株価は、景気や企業の業績に関係なく、
投資家の群集心理で動くと考えました。

当時、ロンドンで開かれていた美人投票で、
100枚の写真の中から、投票者が最も美しい6人を選出し、
投票結果に最も近かった者に、賞品が与えられるというものでした。

この時、投票者は「自分が美しいと思う人」ではなく、
「他の投票者は誰が一番美しいか?」を予想します。

このケインズ理論に則れば、
株式投資で、「これからどの会社の株が上がるか」と考えるより、
「多くの投資家がどの株が上がるか」を考えた方が、
成功率が上がります。


千田琢哉名言その2817

  2019年05月09日16時57分15秒0003_R
ということだ。


お金に対する愛情

投資の神様、ウォーレン・バフェット。

無名時代の頃の話です。

バフェットは、ある時、
他社の重役たちと一緒に、エレベーターに乗りました。

すると、エレベーターの床に
「1セント」落ちていました。

エレベーターに乗り込んだ重役たちは、
その1セントに気づきましたが、
「ただの1セント」かと、見向きもしませんでした。

ところが、バフェットはその1セントを大事に拾い上げ
「これが10億ドルの第一歩になるんですよ」
と言いました。

その後、バフェットは投資家として、
次々と成功を収めていきました。



千田琢哉名言その2816

  2019年05月09日16時57分15秒0002_R
元へ還ってくる。



プロスペクト理論

ダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーが提唱した、
行動心理学のことです。

人は、得する場面ではリスク回避し、
損をする場面では損失を回避する傾向がある
というものです。

A:確実に10万円もらえる
B:コインを投げて表がでたら20万円。出なければ0円。

この答えにほとんどの人は、
「A」を選びます。

次に、

C:確実に10万円を没収される
D:コインを投げて表が出たら20万円没収される。出なければ0円。

この答えにほとんどの人は、
「D」を選びます。


千田琢哉名言その2815

  2019年05月09日16時57分15秒0001_R


”遠くのものは避けよ”

相場の格言。

「遠くのもの」とは、
自分があまり得意でない分野・知らない銘柄のことです。

つまり、「よく分からないものには、投資してはいけない」という意味です。

勉強をする時、
どうしても「遠くのもの」ばかりを見てしまいます。

しかし、遠くのものは分不相応なので、
3日坊主になります。

自分の手の届くところからスタートすることで、
継続することができ、成果をあげることができます。

千田琢哉名言その2814

  2019年04月26日20時53分37秒0013_R
ということだ。


脳の三位一体論

ポール・D・マクリーンが提唱した仮説。

脳は大別すると3つに分けられるといいます。

①爬虫類脳
脳の一番内部にあり、主に「反射」を司ります。
外敵に対し、体が無意識に反応します。

②哺乳類脳
爬虫類脳に覆い被さるような形の脳で、
主に情動を司ります。
楽しい、嬉しい、嫌い、悲しいなどの気持ちを
生み出す場所です。

③人間脳
脳の一番外側にあり、主に「思考」や「理性」を司ります。
人間らしい活動を促す場所です。

人は、生命の危機など、とっさの時に
脳幹である「哺乳類脳」が最優先されます。

論理思考が最後にあることから、
論理は感情に負けるのです。

千田琢哉名言その2813

  2019年04月26日20時53分37秒0012_R
黙ってお客さまの話に傾聴できて、
その上で質問されたことには
わかりやすく的確に答えられた場合に
売れるという意味なのだ。



会話を弾ませるポイント


会話に必要不可欠と言われる「共感」。

相手と共感することで、親近感が生まれ
会話が弾むと言われます。

しかし「共感」より、
さらにインパクトのある会話術があります。

それが「相違」です。

相違とは、相手と異なる意見を言うことで
会話にアクセントをつけることができます。

A「今回の戦略にした理由は○○にあります。」
B「なぜ、そう思うのですか?」
A「今までこのやり方で成功していたからです。」
B「△△という方法もありますが、なぜ試されなかったのですか?」
A「実を言うと、△△は過去に失敗した経験がありまして…」
B「どんな体験をされたのですか?」

共感ではなく、
「相違」に着目することで、
相手は自分の話に興味を持ってくれる思い、
会話が弾むのです。

このように「相違」を突き詰めることで
共感の上を行く会話ができるようになります。

千田琢哉名言その2812

  2019年04月26日20時53分37秒0011_R
であり、
目に見える形があるということである。
抽象とは
「象(形)」を「抽き出す」ということであり、
複数の個々具体的なものから
共通点を抽き出すということである。



具体的思考・抽象的思考

具体的思考…頭の中のイメージを、具体的かつ明確にすることです。

有効な思考法として、「4W1H」があります。

When(いつ)
Where(どこで)
Who(だれが)
What(何を)
How(どのように)

を考えることで、
具体性を明確にすることができます。

抽象的思考…物事を大きな枠(まとまり)で思考し、広い視点で捉えることです。

有効な思考法として、「メタ思考」があります。
メタ思考とは、物事を俯瞰的(上から見下ろす)に
考えていく思考法のことです。

抽象度を上げ、俯瞰的にすることで、
広い視点で物事を捉えることができます。

千田琢哉名言その2811

  2019年04月26日20時53分37秒0010_R
のほうがいいというのが私の結論である。


メラビアンの法則

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアンが提唱した概念。

人が対面で話しをする際、
「言葉」「語調」「身振り」の3つが
大きな印象を与えるというもの。

この3つには、印象を与える度合いが違います。

「言葉」 7%
「語調」 38%
「身振り」 55%

つまり、相手に与える印象は
「ボディランゲージ」がほとんどだったのです。

"人は見た目が9割"と言われますが、
見た目の要素は大きいことがわかります。

千田琢哉名言その2810

  2019年04月26日20時53分37秒0009_R
与える人から買うものである。


“人からもらうことより、人に与えることを考えよ”

船井 幸雄の名言。

経営コンサルタント。大阪府生まれ。京都大学農学部農林経済学科卒業。
船井総合研究所(船井総研)の創業者・代表取締役会長。

人に与えることで得られるメリットは、次の2つです。

①行為の返報性
②共同体感覚を持つことができる

「行為の返報性」とは、人は与えられると「与えたくなる」心理が働くことです。

与えてくれる人に対して、恩返ししたくなる性質があります。

「共同体感覚」とは、自己啓発の祖、アルフレッド・アドラーが提唱した概念で、
「人が全体の一部であること」「全体と共に生きていること」
を実感することで、人は幸せを感じられるというものです。

与えたことが、結果的に与えられるという、
原因と結果の話です。

千田琢哉名言その2809

  2019年04月26日20時53分37秒0008_R
残すかである。


M&A

M…Merger(合併)
A…Acquisition(買収)

企業同士が統合して1つになったり、
ある企業が他の企業自体、または一部の事業を買ったりすること。

企業の合併とは、
ある企業と他の企業の法人格が1つになる組織的行動のことです。

企業の買収とは、
ある企業が他の企業自体、または一部を買う行為です。

つまり、M&Aの本質は、
企業価値向上のための「取捨選択」と言えます。

千田琢哉名言その2808

  2019年04月26日20時53分37秒0007_R


シナジー効果

シナジー効果とは、「相乗効果」という意味。
「シナジー(synergy)」を直訳すると、
「相乗効果」「相乗作用」「共同作用」になります。

ビジネスシーンにおけるシナジー効果には、
複数の組織や企業が同盟を結ぶことで、
お互いが有利に事業展開できることを指します。

組織や企業、人や部分などが共同し、一つになることで
「新規顧客の獲得」
「サービス向上」
「業務の一本化によるコスト削減」
などを実現できます。



千田琢哉名言その2807

  2019年04月26日20時53分37秒0006_R


類推と推測の違い


類推とは、
物事の類似点から、他の物事がどんなものか推し量ること。

推測とは、
ある事柄を起点として、他の物事がどんなものか推し量ること。

どちらも「起点」を基準に物事を推し量りますが、
分類してから物事を推し量った方が効率的です。

推測の場合、分解されていない起点から推し量るので、
1つの側面の答えになりやすいです。

類推の場合、分解されてからの起点で推し量るので、
答えは何通りも出てきます。

問題が複数出てきた場合、類推の方が対処しやすくなります。

千田琢哉名言その2806

  2019年04月26日20時53分37秒0005_R


情報=データ

データの語源は、 データム(datum)の複数形で、
「実験や観察などの証拠によって得られた事実や科学的数値」のことを指します。

「与える」という意味合いもあり、
「事実や知恵を与える・共有する」という意図も含んでいることを考えると、
少なからず「誰かの意図」も含まれています。

一方で、
「でまかせ」の語源を調べてみると、
「口から出るに任せる」とあります。

すらすらと口から出る言葉は、
感情がこもっていなかったり、いい加減なことを話している様子から
「出」に「任」せるで、「でまかせ」となりました。



プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ