FC2ブログ

千田琢哉名言その2884

  2019年07月16日22時02分11秒0004_R
ものはない。


“強さ”とは?

横山信弘著、「自分を強くする」。

著者は、強さの定義を「変化耐性のある人」と述べています。

一般的に強さというと、能力や精神力の高さのことを指します。

しかし、いくら能力や精神力が高くても、
環境や状況が変われば、すぐに弱くなってしまいます。

変化耐性があると、環境や状況が変わっても、
適応できるようになります。

変化の目まぐるしい現代は、
能力の高さはもちろんのこと、
「変化できる」ことも必須能力なのです。

千田琢哉名言その2883

  2019年07月16日22時02分11秒0003_R


OKR

Objectives and key Results(達成目標と主要な結果)の略。

革新的な目標設定・管理方法のひとつで
組織が掲げる達成目標と主要な結果をリンクさせること。

インテル社で考案され、GoogleやFacebookなど、
シリコンバレーの有名な企業が取り入れていることで
注目を集める。

その特徴は、
従来の計画方法に比べて高い頻度で設定、追跡、再評価を行うことです。

まず目標を定性的に設け、
シンプルで覚えやすいものにします。

チームのモチベーションが上がるような目標が理想的です。

月に一回から四半期に一回を1つのサイクルとして考えます。

そして、定量的な指標で表し、6~7割の達成度で成功とします。

OKRで設定した期間が終了したら、
達成度のスコアリングを行います。


千田琢哉名言その2882

  そもそもなぜ人は緊張するのか。
2019年07月16日22時02分11秒0002_R


自意識過剰

自意識は大別すると2つに分けられます。

1つが「公的自己意識」

もう1つが「私的自己意識」

「公的自己意識」とは
「他人の目」のことで、
「自分はどうみられているか?」と思うことです。

一般的にこの「公的自己意識」が強すぎると
自意識過剰になります。

「私的自己意識」とは、
感覚、感情、思考など他者から見えないもので、
「自分はどう在りたいか」と思うことです。

公的自己意識が、私的自己意識を上回ってしまうと、
「自意識過剰」な状態に陥ります。

反対に、私的自己意識が、公的自己意識を上回ってしまうと、
相手に気を使えない「自己中」な状態に陥ります。

相互のバランスを取ることが、
自意識をうまく保つコツです。

千田琢哉名言その2881

  「陰口を言ってはいけない」
この教え自体は極めて当たり前のことだが、

2019年07月16日22時02分11秒0001_R
高い。


習慣化のコツ

スティーブン・ガイズ著
「小さな習慣」より。

習慣化のためのコツを
「目標はとにかく小さくする」
と述べています。

それも「小さければ小さいほどいい」
のです。

「三日坊主」「長続きしない」

そもそもなぜ、人は習慣化することができないのでしょうか?

それは、「自分の管理能力を過大評価してしまう」ことにあります。

管理能力を過信し、大きな目標を掲げてしまうと、
失敗した時、再起不能となってしまいます。

管理能力をわきまえ、小さな目標に設定することで、
達成のハードルも低くなり、仮に失敗してもダメージが少なくて済むのです。

脳科学的の観点でも、小さな習慣にすることで
「脳への抵抗を和らげる」メリットがあります。

小さくても何度も同じ行動を繰り返していくことで、
専用の神経回路が構築され、強化されていくのです。

「小さな習慣」にすることが、習慣化できる近道だったのです。

千田琢哉名言その2880

  2019年07月06日07時41分07秒0010_R


分析病の罠

人の感情をコントロールする「自制心」。

この自制心は使うと「減る」といわれます。

ミネソタ大学、心理学者キャサリン・ボスが行った実験によると、

Aチームの被験者たちには、
かなり冷たい水の中にできるだけ長く手を入れてもらう。

Bチームの被験者たちには、
ペンの色、好きなTシャツ、大学の講座などを
「選択」させてから、かなり冷たい水の中に手を入れてもらう。

その結果、
「Bチーム」の方が早く手を出したそうです。

このことから人は、
「自制心が減っていると、感情的になりやすく、
目の前の出来事に流されやすくなる」
のです。

千田琢哉名言その2879

  2019年07月06日07時41分07秒0009_R


ビックチャンスの確率
ビックチャンスは、日常にどれほど転がっているものでしょうか?

これを証明するものとして「コイン投げ」があります。

コイン投げで「表の出る確率」は、2分の1です。

10回連続して表の出る確率は「1024分の1」です。

つまり、1日1回コイン投げをすると、
3年に1回は、10回連続で表になるという奇跡が起こります。

コインには裏もあるので、3年の半分の1年半に1回は
10回連続で奇跡が起きる計算になります。

1年半に1回チャンスが巡ってくることを考えると、
日常において、かなり高い確率でチャンスと遭遇していることがわかります。

千田琢哉名言その2878

  2019年07月06日07時41分07秒0008_R
他人の目からは明らかになるものだ。


劣等コンプレックス

挫折感を味わうと、
自分はつまらない人間、
小さな人間であると思ってしまう心理状態。

劣等コンプレックスは様々な要因が複合的に作用します。

しかし、劣等感や挫折感によって、負けん気が起こり、
成長に繋がるといいます。

コンプレックスを克服しようと、
別の分野に励んだ結果、大きな成果をあげてしまう人がいます。

これを心理学的に「防衛機制」とよびます。

防衛機制は向かう方向が正しければ、
成功するバネとなるものです。

挫折、劣等といった負の感情が
人を成長させるのです。

千田琢哉名言その2877

  2019年07月06日07時41分07秒0007_R
人生を創ればいいのだ。


対人恐怖症

日常生活もままならないほどに
人と接する時に緊張したり、震えたりと
コミュニケーションが取れない病気。

対人恐怖症は、幼いころの体験も影響していると言われ、
学校で先生に叱られた友人を見た時、
発表会で失敗して、笑い者にされたときなどが
原因として考えられます。

対人恐怖症は、
「赤面恐怖」「視線恐怖」「電話恐怖」
「スピーチ恐怖」「会食恐怖」「書痙」など
様々な種類があります。

「人前であがってしまう自分がいる」

「人前に出なくていい方法」

原因を知ることで、
克服できたり、対処することができます。


千田琢哉名言その2876

  2019年07月06日07時41分07秒0006_R


“自然は我々すべてに同じ能力を与えなかった。
我々の一部には、できないことがあるのだ。”

古代ギリシアの童話作家、イソップの名言。

脳科学の観点から言えば、
「脳は好きなものは、より好きになる」という特徴があります。

脳は、まず特定の脳番地を大きく育てることで、
ついでに周囲の脳も育ってくという性質があります。

さらに脳は、使う頻度が高い脳番地を優先して選ぶ傾向があるので、
一定の部分を使えば使うだけ成長します。

「好きこそものの上手なれ」といいますが、
脳は好きなこと、得意なことは連動しやすいのです。

好きなことから派生して「得意」になることで、
「好き×得意」の相乗効果で成長率がアップします。

千田琢哉名言その2875

  2019年07月06日07時41分07秒0005_R


他責思考

他責思考とは
「問題の責任の所在を自分以外に求める思考」のことを指します。

原因を他人に求めたり、環境に求めたりと
「人のせい」にすることです。

他責思考とは逆の考え方で、
「自責思考」があります。

自責思考とは、「自分に原因を求める」ことです。

一般的に他責思考よりは、
自責思考でいたほうがいいと言われます。

しかし、自責思考も度が過ぎると、
自分ばかりを攻めてしまうので、
ほどほどにしておかなければなりません。

時には、他責思考でいるほうが
再起を図れるのです。

千田琢哉名言その2874

  2019年07月06日07時41分07秒0004_R
自分を褒めちぎってやればいい。


自己否定

自分を否定的にとらえる心理状態を指す。

自分を裁いたり、見下したり、嫌ったり、
「自分はダメな人間だ」と自分を否定します。

自己否定を防ぐには、
「自尊心を高める」ことです。

自尊心を高めるためには、
「アッハ体験」を繰り返していきます。

「アッハ体験」とは、
何かに挑戦して成功した時の達成感や充実感の気持ちのことで、
ドイツ語の「アッハ(やった)」から名付けられました。

この「アッハ体験」を積んでいくことで、
行動力が増し、次々と新しいことに挑戦できるようになります。

これらを繰り返していくことで、
自尊心が高まるのです。


千田琢哉名言その2873

  2019年07月06日07時41分07秒0003_R
のだから。


レジリエンス

レジリエンスとは、直訳すると「弾力」「跳ね返す」「回復力」で、
ストレスをコントロールし、
ストレスを溜め込まないようにするテクニックを指します。

レジリエンスを高めることで得られる効果→
・集中力、モチベーションが上がる。
・物事のパフォーマンスを高める
・クリエイティブ発想や問題解決ができるようになる
・ストレス耐性が身につく

レジリエンスを鍛えるには→
・自己効力感を高める
・柔軟性のある視点
・自分の強みを知る 
・自己統制力・忍耐力を高める
・心身ともに健康でいる

千田琢哉名言その2872

  2019年07月06日07時41分07秒0002_R


自己正当化
自分のやっていることが正しいと心から思いこむこと。

自分の弱さを正当化するために、
無意識に口実や理由を見つけてしまう。

イソップの童話に、
「すっぱいブドウ」の話があります。

キツネがおいしそうなブドウを見つけました。

しかし、ブドウは高い場所にあり、
跳び上がっても取ることができません。

キツネはこう思います。
「どうせあのブドウは、すっぱくて食べられない。食べなくてよかった」

人は努力しても手に入れられないものがあると、
「価値がない」「たいしたことはない」と思い込みます。

これは、自分の心を守る防衛心理なのです。

千田琢哉名言その2871

  2019年07月06日07時41分07秒0001_R


対極概念
対立する極にある概念のこと。

「男と女」「大人と子供」「生と死」「善と悪」などを指します。

私たちはどうしても、
「対極にあるものは一致しない」と考えてしまいます。

「男だから」「女だから」「大人だから」「子供だから」と
思考から対極の概念をシャットアウトするのです。

しかしイノベーションは、固定概念を崩した先にあります。

「俺のプリン」

千田琢哉名言その2870

  2019年07月02日07時11分47秒0004_R
アウトプットせよ。


自己開示の返報性
自分が先に自己開示(自分の個人的な情報を率直に相手に伝えること)することで、
「自分も話そう」という気持ちが生まれる心理です。

先に自己開示することで、
相手とすぐに打ち解けることができるのです。

初めて出会った人に、自己紹介するのは、
自己開示の1つです。

初めて出会った人に、あいさつするのも、
自己開示の1つです。

自分から先にアウトプットすることで、
インプットしてもらえます。

千田琢哉名言その2869

  2019年07月02日07時11分47秒0003_R
すべてが途中経過なのだ。

ウィルパワー

心理学者のロイ・バウマイスターが提唱した考え方。

「目標を成し遂げる力」のことを指します。

目標を達成するための「集中力を生み出す力」ともよばれます。

「やるぞ!」と決めたのにも関わらず、挫折してしまう・・・。

この原因は、「がんばって」しまうことにあります。

ウィルパワーにはエネルギーと同じく、限界値があるので、
使い過ぎてしまうと、目標達成する前に尽きてしまうのです。

つまり、がんばってやればやるほど、挫折してしまうということです。

千田琢哉名言その2868

  2019年07月02日07時11分47秒0002_R


疲労とは?


疲労とは、
「筋肉と神経の使い過ぎ、不具合によって体の機能に障害が発生している状態のこと」

疲れの原因としてよく言われたのが、
「乳酸」でした。

筋肉に乳酸が溜まることで、疲労感を感じていたのです。

しかし、近年の研究で明らかとなっているのが、
「神経のコンディションの悪さ」が疲れの原因ということです。

神経の司令塔は脳にあるので、
神経のコンディションは”脳が決めていた”のです。

この脳疲労が起こってしまう原因の1つとして
「体の歪み」があります。

体の歪みによって神経のコンディションが悪くなり、
脳がこれを疲労と感じてしまうのです。

つまり、「体の歪み」こそ、
疲れの元凶だったのです。

千田琢哉名言その2867

  自分の語彙力や漢字力の
2019年07月02日07時11分47秒0001_R


打率3割

打率3割ということは、
成功確率が30%しかないことを意味します。

凡退する確率は70%であり、
10回に7回は失敗するということです。

4回の打席ですべて凡退する確率は、

0.7×0.7×0.7×0.7=24.01%

打率3割のバッターが4回の打席で
1本以上ヒットを打つ確率は

100%-24%=76%

これを10試合連続で達成するには、

0.76%の10乗=
6.4288889%

このことから、長期的に打率3割をキープすることは
容易ではないことがわかります。

千田琢哉名言その2866

  2019年06月20日08時11分50秒0011_R


ハリガネムシ

ハリガネムシ(針金虫)とは
「類線形動物門ハリガネムシ綱(線形虫綱)ハリガネムシ目」
に属する生物の総称を指します。

種類によっては、体長数センチから1メートルに達し、
乾燥すると針金のように硬くなることからこの
「針金虫」と命名されました。

このハリガネムシは、
寄主(寄生する相手の生物)を操作し、
自分の思い通りにコントロールします。

ハリガネムシは水中で繁殖行動を行います。

カマドウマやカマキリの体内に寄生し、
成長すると寄主を操作し、水辺のところまで移動させるといいます。

寄主が水辺に着くと、腹部を突き破って出てくるのです。

このように、寄主をマインドコントロールし
自分の都合のいいように行動させる昆虫は
多数存在するのです。


千田琢哉名言その2865

  2019年06月20日08時11分50秒0010_R




基本的には移動する生物のみに
“脳”があると言われます。

なぜなら、脳細胞の最も大切な仕事は
「生物を移動させること」だったからです。

本能的な仕事をするためには、
生物を移動させなければならないので、
脳はそのようにつくられていました。

このことから、脳無くして体は動かせません。

逆も然りで、体を動かさなければ脳も機能できないのです。

「移動距離と脳の大きさは比例する」という見解すらあります。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ