FC2ブログ

千田琢哉名言その2941

  2019年09月12日06時50分00秒0003_R
いちいち他人に誇ることではない。


インプットとアウトプット

ピーター・F・ドラッカーの名言

“知識労働者の生産物は、それだけでは役に立たない。
それらのものが意味をもつためには、
他の知識労働者がインプットとして使い、
何らかのアウトプットを生み出してくれなければならない。”

誰かの知識をインプットしただけでは、
「自己満足」で終わってしまいます。

知識をインプットし、
自らオリジナリティを加えて、アウトプットしなけば、
インプットする意味はありません。

このオリジナリティが加えられたアウトプットは、
次に誰かのインプットとして役に立ちます。

この世に生きるすべての人は、
誰かのインプットに過ぎなく、
誰かのアウトプットの中に生きています。

千田琢哉名言その2940

  2019年09月12日06時50分00秒0002_R


ブランド・エクイティ

ブランドエクイティとは、「ブランドが持つ資産価値」のことを指します。

このブランドエクイティは、
「ブランド認知」「知覚品質」「ブランド連想」「ブランド・ロイヤルティ」
の4つの構成要素があります。

「ブランド認知」とは、ブランドが、
「どの程度認知されているか」ということです。

「知覚品質」とは、競合製品と比べた時に認識する
「品質」のことを指します。

「ブランド連想」とは、ブランドに対して
「どれだけ受け入れられているか?」ということです。

「ブランド・ロイヤルティ」とは、
ブランドに対しての「忠誠心」を指します。

ブランディングには、これら4つの要素が欠かせません。


千田琢哉名言その2939

  2019年09月12日06時50分00秒0001_R
ようになっている。


アウトプット

アウトプット(output)は直訳すると、
「出力する」「生み出す」いう意味です。

ビジネスシーンにおいては、
「表現・発信」という意味で使われます。

インプットで得た情報や知識をもとに行動し、
その結果として出たものがアウトプットとなります。

コンピューター用語としての「アウトプット」は、
「情報を出力する」という意味です。

コンピューター端末内の情報(テキスト、画像、音声など)を、
外部に取り出す時に使われます。

人がOSとしたら、
発信した情報がアウトプットとなります。

千田琢哉名言その2938

  2019年09月05日20時26分14秒0006_R


形而上学とは

形而上とは、
「形をもっていないもの」「超自然的、理念的なもの」
という意味です。

メタフィジカとも呼ばれます、

「形をもっていないもの」と言えば、
人の心や精神、神様や仏様などです。

形而上学とは、古代ギリシャの哲学者、
アリストテレスによって生み出された概念です。

アリストテレスは、
自然学は事物や世界について、その現象を追求し、
それらのあり方について論じます。

形而上学は、それら具体的な事物や世界を
「存在するもの」として捉え、
「存在の根本原理とは何か?」について探求する学問です。



千田琢哉名言その2937

  2019年09月05日20時26分14秒0005_R


深さ


19世紀アメリカの思想家、
ラルフ・ワルド・エマーソンは次の名言を残します。

“重要なのは人生の長さではない。
人生の深さだ。”

人生のおいて重要なのは、
「どれだけ長く生きたか?」
ではなく、
「どれだけ深く生きたか?」
と言います。

人生の岐路に立った時、

自分のやりたい仕事ではないが、
将来が約束され、何不自由なく暮らせる人生

自分のやりたい仕事だが、
先行きどうなるかわからない、不安定な人生

どちらを選ぶのか?

生きるためだけの「長さ」か、
好きなことをする「深さ」か、

どちらがいい、悪いの問題ではなく、
どちらが好きかの問題です。



千田琢哉名言その2936

  2019年09月09日06時57分13秒0001_R
命も愛せない。




古代ギリシャでは、愛を意味する
「フィリア」「アガペー」「エロス」
の3つの言葉がありました。

「フィリア」とは、アリストテレスの言葉で、
友愛を意味します。

友愛とは、同胞愛のことで、
仲間との愛は最も重要な倫理の1つとして
あげています。

「アガペー」とは、キリスト教の言葉で、
「無償の愛」を意味します。

神は惜しみなく、愛を与え、見返りを求めない
というものです。

「エロス」とは、プラトンの言葉で、
愛の本質を指します。

プラトンの考え方のベースには「イデア」という
理想の状態が存在し、この理想の状態を求めようとする思いを
「エロス」と呼びます。

千田琢哉名言その2935

  2019年09月05日20時26分14秒0003_R


アンチノミー

同じ根拠に基づいて、
同時に相反する2つの事柄が成り立ってしまう事態を指す
哲学用語。

一般的に「二律背反」と訳されます。

哲学者、イマヌエル・カントは「アンチノミー」を次のように提言します。

①世界が有限であるとも、無限であるとも言える
②世界は単純な要素からなるとも、複雑な要素からなるとも言える
③世界はすべて自由であるとも、必然であるとも言える
④世界の物事は絶対的な誰かが決めているとも、
まったくの偶然とも言える

カントは物事を、2つの異なる視点から考えることで、
本質を見極めようとしました。

アンチノミーは、矛盾を表すのではなく、
1つの事柄から、2つの側面を見出しているのです。

千田琢哉名言その2934

  2019年09月07日19時25分21秒0001_R
どこに向かうのかを決めることだ。


戦略とは

森岡 毅著 『USJを劇的に変えた、たった1つの考え方』

著者は戦略の定義を
「目的を達成するために資源を配分する選択」のこと
と述べています。

資源とは「ヒト・カネ・モノ」に加え、
「情報、時間、知的財産」のことを指します。

すべての資源を、すべてに投入することは、
無意味に資源を浪費するだけなので、戦略とは言えません。

資源を配分、選択し、集中させることが
戦略なのです。

とりわけ「ヒト」という資源は、無限の可能性があるので、
どのように有効活用できるかが、会社の命運を分けると言います。





千田琢哉名言その2933

  2019年09月05日20時26分14秒0002_R
いけないのだ。



人脈

サラリーマンの人脈は、大きく分けると、
2つに分類されます。

「会社につく人脈」と「個人につく人脈」です。

「会社につく人脈」は、「役職」と付き合っている人脈のことで、
会社を辞めた途端に途絶えます。

「個人につく人脈」とは、仕事人として信頼してくれている人脈のことで、
会社を辞めても繋がっています。

「会社につく人脈」とは、「利益」で繋がっており、
「個人につく人脈」は、「信頼」で繋がっています。

「○○会社の○○さん」ではなく、
「○○さん」と呼ばれる人脈が、
本物の人脈なのです。

千田琢哉名言その2932

  2019年09月05日20時26分14秒0001_R
膨大な時間も生まれる。


シンプルリビングの法則

シンプルリビングの法則とは、
4つのルールを守りさえすれば、
「質の高い時間が得られる」というものです。

その4つのルールとは、
①優先順位をつける
②取捨選択する
③きちんと断る
④支出の合理化

①優先順位をつけるとは、
自分にとって何が重要であるかを明確にし、
最重要事項を3つに絞り込むことです。

②取捨選択するとは、
どんな些細なことでも、どんな場面でも
常にシンプルな取捨選択をすることです。

③きちんと断るとは、
あいまいに断らず、きちんと断ることで、
不必要な負担を背負うのを防ぎます。

④支出の合理化とは、
支出を書き留めて、内訳を検討し、
不要なものを捨てることです。

このシンプルリビングの法則は、
「時間」だけでなく「お金」にも通用する法則と
言われています。

千田琢哉名言その2931

  2019年08月22日08時03分25秒0013_R
みなぎってくる。
自信がみなぎってくると、
人生にやる気が満ちてくる。




“拒絶するのに多くの言葉を費やす必要はない。
相手はただ否という一言を聞けばよいのだから。”


ゲーテの名言。

嫌なことを断らないと、自分に嫌われます。

なぜなら、自己嫌悪に陥るからです。

「自己嫌悪=断れない自分」が、さらに嫌いになります。

自分が嫌いになると、臆病になります。

反対に、
嫌なことを断ると、自分に好かれます。

なぜなら、自分のために断ってくれる自分が
さらに好きになるからです。

自分が好きになると、自信がみなぎり、
やる気が溢れてきます。

自分を味方にすることで、
人生を味方にすることができます。

たった一言で、
人生が大きく変わってしまうのです。

千田琢哉名言その2930

  2019年08月22日08時03分25秒0012_R
裏で何をやっているかで
決まるからである。



カタストロフィー理論

「愛」と「憎しみ」のように相反する感情が
正反対の感情に変わる心理現象のこと。

相手に対して、深い愛情があればあるほど、
憎しみが生まれた際、
その感情も深くなります。

オーストリアの心理学者アルフレッド・アドラーは、
心を許した相手に対する怒りは、
「裏切られた」という感情から生まれると述べています。

自分が好きであれば、
相手も同じく好きであると思い込んでしまうのです。



千田琢哉名言その2929

  2019年08月22日08時03分25秒0011_R


オープンマインド

オープンマインドとは、直訳すると、
「心が開かれている状態」です。

ビジネスシーンでは、
「他者に対して心を開くこと」で

自分の意見や意思を、
「周囲の人たちの意見にも耳を傾けながら進めていく」
というものです。

このオープンマインドになるには、
次の3つがポイントです。

①決めつけない
常識や他人の考えなど、決めつけないことです。
自分の常識や観点で物事を決めてしまうと、周囲とのズレが生じます。

②批判を恐れない
他人の意見や批判を素直に受け止めます。
批判を恐れていては、自分の意見が言えなくなります。

③自分を認める
自分を認めることで自信がつき、
意見を述べることができます。

千田琢哉名言その2928

  我々は誰もが例外なく、
”宇宙の歴史137億年”から引き継ぐ

2019年08月22日08時03分25秒0010_R


アルケー

ギリシャ語で「はじまり」という意味。

「万物の根源」のことを指し、
古代ギリシャのアナクシマンドロスが初めて用い、
アリストテレスが哲学用語として確立します。

5人の自然哲学者らが、アルケーを探求した結果、

タレスは「水」を万物の根源と主張し、

ピタゴラスは「数」を万物の根源と主張し、

ヘラクレイトスは「火」を万物の根源と主張し、

エンペドクレスは、「火・空気・水・土」の四元を万物の根源と主張し、

デモクリトスは「原子論」を万物の根源としました。


千田琢哉名言その2927

  少なくとも700万年前から
あなたの遺伝子が生まれ延びてきた証として、
あなたはこの世に存在するのは間違いないのだから、

2019年08月22日08時03分25秒0009_R


存在論
「物が存在するとはそもそもどういうことか?」
を考える学問のこと。

ハイデガーは、哲学の本来の目的は
「存在(ザイン)」について考えることと主張します。

ハイデガーは、物の見かたを
存在者(ザインデス)と存在(ザイン)
に分けます。

「物」が「存在する」とは、
「ザインデス」が「ザイン」であるということです。

つまり、「ザイン」を考えることで、
「ザインデス」が証明できるのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ