FC2ブログ

千田琢哉名言その2973

  2019年10月16日18時52分59秒0001_R


“プロフェッショナルの「プロ」は、
プロセスの「プロ」でもある。”


野村克也の名言。

人は結果を求めて行動します。

しかし、結果はすぐに出るものではありません。

ある機会、期間、タイミングで表れるものです。

それ以外の行動は、すべてプロセスということになります。

つまり、「それ以外」はすべてプロセスなので、

「プロセス>結果」

でなければ、求める方向性を誤っている可能性があります。

プロセスと結果は対極にあるものではなく、
プロセスそのものが、結果なのです。



千田琢哉名言その2972

  2019年10月02日20時33分13秒_R


量と質

戦国武将で有名な「織田信長」。

なぜ彼は多くの功績を残せたのでしょうか?

その理由として、「量と質」があります。

織田信長の基本戦略は、
「敵より多い兵士を用意し、充分な武器を持たせ、戦闘の始まる前から優位に立つ」
というものでした。

これは、兵士の数(量)と武器の性能(質)で
他を圧倒したことになります。

また織田信長は決断が速く、
行動もスピーディという性格の持ち主でした。

チャンスと思えば、どんな逆境でも出撃し、
不利とわかれば即座に撤退するという
決断力のスピードが他を圧倒していました。

量×質×スピードで、
多くの功績を残したのです。

千田琢哉名言その2971

  2019年10月02日20時33分11秒_R


「どう生きるか?」


原作 吉野源三郎 
漫画 羽賀翔一
「漫画 君たちはどう生きるか」

本書のタイトルにある「どう生きるか」には、
こんな意味がありました。

「1つの存在が、世の中を回しているのではなく、
ひとりひとりの意志が有機的に繫がり、世界は動いている」

これは、すべての中心が「誰か」にあるのではなく、
大なり小なりの各々が、大きな流れをつくっているということです。

マクロである「太陽」や「地球」がすべての中心ではなく、
ミクロである「人間」もすべての中心ではなく、
太陽や地球や人間や動植物、生物などのひとつ1つの「繫がり」が、
大河をつくっているのです。

対象に対しての行動ではなく、
人間分子の1つである自分が、「どう生きるか?」が重要なのです。

千田琢哉名言その2970

  2019年10月02日20時33分10秒_R


チャンスに気づくかどうかは、その人の感性の問題である。
気づく人は気づくし、気づかない人は一生気づかない。


堀江貴文の名言。

読書の効果は、

・知識や技術を知ることができる
・成功者の考えをトレースできる
・気づきの感度が高まる

読書をすると、単純に知識が増えたり、
方法を知ったりできます。

その副次効果として、
成功者の考えをインストールすることができます。

さらに気づく力がつき、
先読できる感性が身につきます。

千田琢哉名言その2969

  2019年10月02日20時33分06秒_R


成長の方程式

ブラッド・スタルバーグ、スティーブ・マグネス著、
「PEAK PERFORMANCE最強の成長術」より。
 
著者曰く、成長に不可欠なものとして、
「負荷+休息=成長」
という方程式を提唱します。

「負荷」とは、高い集中力を発揮しながら物事に打ち込むことです。
限界まで没頭することで、負荷をかけることができます。

「休息」とは、疲労回復しながら
能力の熟成を行うことを指します。

休息に集中し、それ以外のことは何も考えないことが重要です。

この「負荷」と「休息」を繰り返すことで、
「成長」することができると述べています。

千田琢哉名言その2968

  2019年10月02日20時33分04秒_R


ギャップ分析 

ギャップ分析とは、
理想と現実のギャップを課題と考え、
理想に近づけるためには、何が必要かを分析する課題抽出法。

ギャップ分析を行うには、
「As is」(現状)と 「To be(あるべき姿)」を把握することから
はじまります。

事実に基づき、「今がどうなっているのか」を把握します。

そして何を目指し、何を理想とするのかという
「あるべき姿」を明らかにします。

両者のギャップを探し出し、このギャップを埋めていくことで、
課題を発見することができます。

千田琢哉名言その2967

  2019年10月02日20時33分02秒_R


回復浴

世界の頭脳が集まると言われる
スタンフォード大学。

実は、スタンフォードは「スポーツでも名門」とされています。

そんな、スタンフォード大学の「スポーツ医局」において、
リカバリー法が数多くあります。

その中で、「回復浴」と呼ばれるものがあります。

これは、「冷水」と「温水」を交互に浸かる
「交互浴」と呼ばれるものです。

血管の収縮と拡張が繰り返されることで、
血流がよくなります。

血流がよくなると、
疲弊している箇所に多くの栄養が送られ、
早期回復につながります。

そして、温めたり冷やしたりすることで、
自律神経が刺激され、自律神経のバランスが整うのです。

自律神経が整うと、ストレスによる疲れも軽減されると言います。



千田琢哉名言その2966

  2019年10月02日20時32分59秒_R


体が不調になる原因

病気や体調不良になる原因の9割が
「血糖値」によるものです。

血糖値とは、血液内のグルコースの濃度のことで
この血糖値が高いことや、血糖値の急上昇、急降下が
体を不調にする原因なのです。

血糖値が高くなったり、急上昇、急降下してしまうのは、
「食事」が大きく関わっています。

血糖値が上がりやすい「食品」、
血糖値が上がりやすい「食べ方」によって、体が不調になります。

血糖値をコントロールすることは、
体調をコントロールすることに他ならないのです。

千田琢哉名言その2965

  2019年10月02日20時32分58秒_R


記憶の種類

脳は大きく分けると
「手続き記憶」と「陳述記憶」に分けることができます。

「手続き記憶」とは、自転車の乗り方や楽器の弾き方など、
身体が勝手に動くような記憶を指します。
一度身につくと、歳月が経っても忘れることがないのが特徴です。

「陳述記憶」とは、言葉や文字で陳述可能な記憶を指します。
いわば、頭で覚える記憶のことで、時間が経つと忘れてしまうのが特徴です。

そして、記憶には「時間」と密接な関係があります。

すぐに忘れてしまう記憶のことを「短期記憶」と呼び、
脳に止まっている時間は、わずが数秒から1分程度と言われます。

数時間から1週間程度と、
短期記憶よりも長い記憶を「近時記憶」と呼びます。

数か月から、数十年と長期にわたる記憶を「長期記憶」と呼び、
反復を繰り返すことで、長期記憶に保存されます。

千田琢哉名言その2964

  この世で最高のストレス解消法は、
2019年10月02日20時32分55秒_R


男と女と脳

原始時代、男性は危険が渦巻く外界に出かけて、
食べ物を手に入れ、それを家族に食べさせていました。

いわば、男の役割とは、家族を食べさせ
猛獣などの外敵から守ることにあったのです。

一方女性は、子供の世話をしたり、果実や木の実を集めたり、
同じ女性同士で一緒に過ごしていました。

いわば、女性の役割とは、家族生活や集団生活を
維持させることにありました。

男性は競争を好み、女性は協力を好むという
性質が伺えます。

このことから、男女とも
お互いが「優先するべきものが本質的に異なる」のです。

これらを踏まえながら、異性に接することで、
見えてくる世界もあるのです。

千田琢哉名言その2963

  2019年10月02日20時32分53秒_R


集団極性化の法則

集団極性化の法則とは、
組織での意思決定を行う際、個人の当初の判断や考えは、
集団での様々な意見の中で、極端な方向に振れやすい傾向があるという心理。

これは、1961年にアメリカのジェームズ・ストーナーによって
報告されたことが発端です。

ストーナーは「リスキーシフト」という現象も発見します。

リスキーシフトとは、集団の討議によって、
危険性の高い決定となることです。

反対に保守的になることを
「コーシャスシフト」と呼びます。

集団の意見ほど通りやすいのは、
こうした心理が働いているからなのです。

千田琢哉名言その2962

  2019年10月02日20時32分51秒_R


超人


ニーチェが提唱した概念。

既存の価値に捉われず、新しい価値を生み出す人間のこと。

ニーチェは永劫回帰を肯定し、既存の価値に捉われず、
「自分自身で自由に生きること」と説きます。

奴隷道徳を持った人たちには、
超人は理解されません。

しかし、超人はユニークなアイデアによって、
重苦しい世界を打破するのです。

ひとり一人が自分の価値観を持ち、
自由に決めることができる、
それが超人です。

千田琢哉名言その2961

  2019年10月02日20時32分49秒_R


言葉の力

マーク・フィッシャー著、「成功の掟」

貧しい青年が一人の老人と出逢います。

その老人はミリオネアで、
青年はミリオネアから成功哲学を学び、
成功していく・・・。

ミリオネアは成功に必要不可欠なものとして、
「信念を持つこと」の重要性を説きます。

ミリオネア曰く、
「信念は、それを言葉に表し、
繰り返し復唱することによってもたらされる。
言葉は人間の内面とまわりの環境に対して、
はかり知れない力をもっているのだ。」

信念を築くためには、「言葉の力」を活用することです。

言葉の力は絶大で、そこに真実性がなくても
影響を与えてしまうといいます。

それも善悪に関係なく、影響するのです。

千田琢哉名言その2960

  2019年09月19日21時32分28秒0012_R


武士道

武士道とは、
武士が守るべきものとして要求される「道徳的徳目の作法」
の事を指します。

武士道は「義・勇・仁・礼・誠・名誉・忠義」の
7つの理念で成り立っています。

中でも「礼」は、
「他人に対する思いやりを表現すること」が基本です。

他人に対する思いが、目で見てわかるように、
「表現する」のです。

武士道では、
どのようにお辞儀をし、
どんな足の運び方をし、
どのように座るのか、
ということまで追求しています。

これらを踏まえると、「礼」とは、
「相手を敬う心」が根底にあるのです。

千田琢哉名言その2959

  2019年09月19日21時32分28秒0011_R


後悔しないコツ

植西聰著、「後悔しないコツ」

著者は、「仕事の後悔をなくすコツ」として、
「完璧主義をなくすこと」と述べています。

「別の判断をすればよかった」「別の方法にすればよかった」と
完璧ばかりを求めていると、前に進めず、後悔ばかりしてしまいます。

割り切って考えることで、後悔せずに済みます。

著者は、「人生の後悔をなくすコツ」として、
「今に集中すること」と述べています。

なぜ今に集中すると後悔しないのかというと、

今に集中することで、
「過去」へ向けられていた視点が、「今」に向けられるようになります。

人は過去ばかり見ていると、後悔の念に囚われてしまいます。

目の前のことに死力を尽くすことで、
今に集中することができるのです。

千田琢哉名言その2958

  2019年09月19日21時32分28秒0010_R


ペルソナ

ユングが提唱した概念。

普遍的無意識の中に存在する元型。

古典劇で役者が用いた仮面を「ペルソナ」と呼んだことから、
その人が社会に対して演じている「役割」を意味します。

人間が仮面をかぶるように、
複数の人格を使い分ける様を形容する心理学用語。

ビジネスシーンで使われる「ペルソナ」とは、
サービス・商品の典型的な「ユーザー像」のことを指します。

マーケティングでよく使われる言葉で、
商品・サービスを利用する顧客の中で、
最も重要なユーザーモデルのことを言います。

年齢や性別、職業や年収、家族構成や生い立ちなど、
様々な観点からユーザー像を割り出します。

千田琢哉名言その2957

  2019年09月19日21時32分28秒0009_R
発信すればいい。


コバンザメ

“どじょうはどじょうとしてほんもの、
金魚は金魚としてほんもの。
どじょうが金魚のまねをした時、
にせものになるんです。”

相田みつを


どじょうはどじょうとして生きることができるのは、
どじょうの世界だからです。

金魚は金魚として生きることができるのは、
金魚の世界だからです。

どちらも同じ世界に住むことはできませんが、

“成功者の真似をしていると、それが一つの習慣となります。
それがかなったら、あなたは大いに喜ぶべきです。
なぜなら、いったん、それが身につくと、
意志では容易に変えることができないからです。”

ジョセフ・マーフィー


似たような世界にいれば、
それと似たような習慣となり、
似たような結果が得られるのです。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ