FC2ブログ

千田琢哉名言その3531

  2021年04月25日20時22分54秒0002_R

繊細な人のセンサーは、
小さな変化も見逃さない。

当然、多くの人がやってしまいがちな、
ケアレスミスにも気づき、
大事故を未然に防ぐ。

そもそも、忙しさにかまけて、
ケアレスミスを軽視する人がいるが、
命取りになることは間違いない。

「それぐらい」
「ちょっとくらいなら」
「仕方ない」

といったものの積み重ねが、
大事故へと繋がる。

千田琢哉名言その3530

  2021年04月25日20時22分54秒0001_R

繊細だからこそ、
人一倍早く、問題個所に気づき、
問題を解決するための方法を模索できる。

繊細だからこそ、
ミスを事前に防げる。

もし、鈍感だったら、
ミスしたことにさえ気が付かない。

気づいたとしても、
時すでに遅しであり、
問題は炎上している。

千田琢哉名言その3529

  2021年04月18日08時50分40秒0010_R

もし全てのことに鈍感だったら、
何に対しても、誰に対しても、
気づくことはない。

繊細ということは、
センサーが敏感ということであり、
人より多く気づく。

人が興味を惹くこと、
人が嫌がることを
人より先に気がつける。



千田琢哉名言その3528

  2021年04月18日08時50分40秒0009_R

すべては、言語化から始まる。

電気が生まれたのも、飛行機が生まれたのも
パソコンが生まれたのも、スマホが生まれたのも、
誰かが、言語化したからである。

ということは、何かを生み出したければ、
「言語化すればいい」ということになる。

言語化した瞬間に、
「どうしたら現実化できるか?」を考えるのが
人間なのだから。

千田琢哉名言その3527

  2021年04月18日08時50分40秒0007_R

副業は二つの顔を持つことができる。

ひとつは、本業の盾となる力に、
もうひとつは、副業自体が本業となる力に。

本業ではなく、
副業だから出せる自分がある。

自分の好きなことだから、
出せる自分がある。

副業が本業になることもあれば、
本業が副業となることもある。

ハイブリッドな生き方である。

千田琢哉名言その3526

  2021年04月18日08時50分40秒0008_R

会社に対して、忠誠心がある…ふりをする。

上司に対して、服従している…ふりをする。

仕事を一生懸命する…ふりをする。

会社の方針を貫く…ふりをする。

誰もが会社という世界で、
会社の一員のふりをする。

人間は何かを守るために、
ピエロにもカメレオンにもなれるのだ。

千田琢哉名言その3525

  2021年04月18日08時50分40秒0006_R
再認識してもらいたいのだ。


集団から個の時代に変化した。

今までは、大きな会社に入れば
なんとなくOKだった。

しかし、不確実な時代において、
安全地帯は消失したのだ。

この時代を生き抜くには、
個の価値を高めることにある。

個の価値を高めれば、
どこに所属していても、
無所属でも生きていける。

テクノロジーの進化により、
その土台は固まった。

千田琢哉名言その3524

  2021年04月18日08時50分40秒0005_R

何か新しいことを始める時、
やらなければならないことがある。

それが、「自分を知ること」

厳密言えば、「自分が何を知らないか」
を知ること。

なぜなら、自分が知らないことを
知らなければ、学習効率が悪くなるから。

1+1=2をする時、
○+○=○しかわかっていなかったら、
永遠に2は求められない。

足すことはわかっていても、
実際の数字が分からなければ、
答えは求められないのである。

したがって、何を知らないかを知ることから、
始まる。




千田琢哉名言その3523

  2021年04月18日08時50分40秒0004_R

まずは自分から行動を起こすことがカギとなる。

たくさん息を吸い込みたかったら、
その前に、たくさん吐く必要がある。

たくさんインプットしたかったら、
その前に、たくさんアウトプットする必要がある。

たくさんエネルギーを吸収したければ、
その前に、たくさんエネルギーを消費しておく必要がある。

まずは、自ら発することが求められる。

千田琢哉名言その3522

  2021年04月18日08時50分40秒0003_R

優しい言葉をかけると、優しい言葉が返ってくる。

ひどい言葉をかけると、ひどい言葉が返ってくる。

価値のある話をすれば、価値ある話が耳に入る。

無価値な話をすれば、無価値な話が耳に入る。

自分に届くのは、常に自分が発したもの。

自分に届かないものは、届く必要のないもの。

千田琢哉名言その3521

  2021年04月18日08時50分40秒0002_R
だった。

情報は発信者の意図が含まれる。

意図とは、主観であり、
思惑であり、扇動であり、
プロパガンダである。

自分が発信したことに対して、
受け取る側がそれに反応する。

そのレベルに対する反応であり、
それに相応しい反応である。

つまるところ、受信する側の周波数が合わなければ、
耳に入らない。

千田琢哉名言その3520

  2021年04月08日15時13分26秒0010_R

体に染みついていないものは、
アドリブできない。

なぜなら、いくら知識があっても、
答えのバリエーションが少なければ、
いつかボロが出てしまうから。

したがって、即答できるということは、
網羅的に知っている必要がある。

網羅的に熟知するためには、
知識はもちろん、長年の経験がモノを言う。

千田琢哉名言その3519

  2021年04月08日15時13分26秒0009_R
思っている。

人は「忙しい」と何かした気になる。

しかし実際は、プラスマイナス0どころか、
マイナスに転じていることが多い。

「忙しいけど、売り上げがない」
「たくさん勉強したけど、成績が悪い」
「時間をかけたけど、結果が出なかった」

落ち着いて考えると、
「忙しい」ということは、
何かが滞っていることを意味する。

したがって、対局にある「暇」ではなく、
「手があく」状態を目指す。

千田琢哉名言その3518

  2021年04月08日15時13分26秒0005_R
集まり客観的に分析できるかもしれない。

時に、主観より客観の方が、
正確な時がある。

主観は、間に自分が入ることで
バイアスがかかる。

一方、客観は、
間に様々な自分以外の「主観」が入ることで
意識的に、「客観」が入ってくる。

すると、冷静に物事を見ることができるのである。

つまるところ、
主観であればあるほど、バイアスはかかることになる。


千田琢哉名言その3517

  2021年04月08日15時13分26秒0004_R

理想と現実は、ギャップがあり過ぎると、
破綻する。

なぜなら、現実化する前に力尽きてしまうから。

無一文から年商100億円企業にするには、
相当な体力を必要とする。

反対に、理想と現実にギャップがなさ過ぎても
破綻する。

何か悟ったかのように現状に満足していては、
大きな目標までたどり着けない。

したがって、理想と現実はいい塩梅で、
遠すぎず、近すぎずの距離がいい。

片思いのような距離感。

千田琢哉名言その3516

  2021年04月08日15時13分26秒0007_R
多い。

同じ環境ということは、
同じ属性の人間であることが多い。

趣味、思考、モーションまで
似ていることが多い。

よって、同じ環境で成功している人の真似は、
精度が高くなる。

反対に、同じ環境で失敗している人は、
最高の反面教師となる。

いずれにしても、同じ環境にはたくさんの学びがある。

千田琢哉名言その3515

  2021年04月08日15時13分26秒0006_R
結果なのだ。

今の自分は、過去の集大成。

今の自分は、今の結果が出ているのではなく、
今までやってきたことがあらわれている。

それは、良し悪しとは関係ない事実。

つまり、何もない今に何かを仕込むことが重要なのである。

何かのきっかけで動き出すのではなく、
何もない今、動き出すことが何より優先される。



千田琢哉名言その3514

  2021年04月08日15時13分26秒0003_R
のかがわからない相手には
おごる価値がないし、
おごることが逆になめられることに
繋がるということである。


「なぜ」が考えられない人間に、
「与える価値」はない。

その理由は、
人は与えられると感謝がなくなる生き物だから。

反対に「なぜ」が考えられれば、感謝が生まれる。

「なぜおごってくれたのか?」
「なぜ手伝ってくれたのか?」
「なぜ教えてくれたのか?」
「なぜ助けてくれたのか?」

相手の行為に「なぜ」と気づけば、
自然と感謝が生まれる。

千田琢哉名言その3513

  2021年04月08日15時13分26秒0008_R

常識から生まれるのは、
常識。

常識とは、一般人が共通に持っている、
普通の知識や思慮のことを指す。

つまり、すでに一般化された考えが
常識となる。

成功は、革新性が不可欠であることから
常識は手枷足枷となるだけである。

ゆえに、成功には非常識が必要。

千田琢哉名言その3512

  2021年04月08日15時13分26秒0002_R

「朱に交われば赤くなる」
「類は友を呼ぶ」
「牛は牛連れ、馬は馬連れ」
「目の寄る所へは玉も寄る」
「似た者同士」

いずれにしても、人は環境に左右され、
目の前の相手に影響を受ける。

似た者が集まるというより、
同じ場所にいれば似た者になってしまう
ということ。

うまくいかなければ、
自分が今いる場所がどんな場所か
考え直す必要がある。

千田琢哉名言その3511

  2021年04月08日15時13分26秒0001_R

教えるという行為は、
送信側と受信側の双方向
あってはじめて成立する。

なぜなら、一方通行だと、
どちらにとっても利益はないから。

「教えてやってる」

「教えてもらって当然」

どんな立場であれ、
ふんぞりかえって瞬間に、
関係は破綻する。


千田琢哉名言その3510

  2021年03月28日21時15分24秒0010_R
大金を払うからこそ、
経営コンサルタントの話に
傾聴するだけでなく実行するのである。


人間は「痛み」がなければ成長できない。

なぜなら、「痛み」を感じなければ
現状維持に励んでしまうからである。

「コミュ障で悩んでいる」
→人間関係について勉強する

「出世できなくて困っている」
→ビジネススキルを学ぶ

「売り上げがなくて倒産しそうだ」
→儲けるために必死になる

人は痛みによって突き動かされ、
行動することができる。

千田琢哉名言その3509

  2021年03月28日21時15分24秒0009_R

人間は準備ができている時にしか
聞く耳が持てない。

人間関係で困っていないのに、
「人間関係がうまくいく方法」を教えても、聞く耳を持てない。

出世に興味のない人に、
「出世のしかた」を教えても、聞く耳を持てない。

料理に興味がないのに
「こうしたほうがおいしくなる」と伝えても、まったく耳に入らない。

反対に、興味があれば、
教える前に聞いてくる。

千田琢哉名言その3508

  2021年03月28日21時15分24秒0008_R
頂戴している。

何を拾い、何を捨てるかによって、
運命は大きく変わる。

なぜなら、人は感情の動物であり、
冷静でいても、少なからず影響を受けるから。

子供の一言で激昂してしまう親。

生徒の何気ない態度に苛立つ教師。

あらかじめ拾うものを限定していれば、
感情を通り越して自分の糧にできる。

捨てるものも同様。

千田琢哉名言その3507

  2021年03月28日21時15分24秒0007_R

批判されるということは、
それがたとえ、でっち上げであったとしても、
可能性はゼロではない。

嫉妬されることにおいても、同義。

よって批判は受け流すのではなく、
客観的でいいから、一度噛み砕く必要がある。

受け止め方次第で、
プラスになり、結果的に成長につながる。

千田琢哉名言その3506

  2021年03月28日21時15分24秒0006_R

人は生きるために生きている。

では、自然界で脆弱な存在の人間が生き残るには、
どうすればいいか?

それは、知恵を絞ることである。

天災や病気、飢餓から生き延びるためには、
知恵を絞ること以外、方法はない。

そのために勉強をし、方法を模索する。

よって、人間が存在する以上、
勉強はつきものとなる。

千田琢哉名言その3505

  2021年03月28日21時15分24秒0005_R

結果を出した方法というのは、
それほど価値はない、

なぜなら、世の中のすべては変化しているから。

しかし、出た結果だけは事実。

結果が何よりの証明だし、
結果から推測することができる。

だからと言って、結果は出た瞬間から鮮度が落ちるので、
完全に信用するのは、もっての外。

以上を踏まえると、
鮮度の良い結果をから考えることが求められる。

千田琢哉名言その3504

  2021年03月28日21時15分24秒0004_R

突き詰めれば突き詰めるほど、
わからなくなっていく。

なぜなら、答えに一つに留まらないから。

人間関係の悩みのある人は、
心理学だけ突き詰めても解決はしない。

他にも社会心理学、脳科学、哲学、その他多くの学問、
さらには、学問を超えた未知の思考から物事を見ない限り、
問題は解決しない。

そもそも、問題なんてないのかもしれない。

それらを踏まえ、今できること、今考えられることから物事を見ていく。

千田琢哉名言その3503

  2021年03月28日21時15分24秒0003_R

一つのことを突き詰めていくと、
自然と広く知る必要が出てくる。

なぜならすべてのことは、
大分類から派生してきたものだから。

ビックバンが大分類の頂点だとしたら、
成れの果ては、「人の死」となる。

仕事で成果を出すこと、スマホで動画を観ることも
すべてひとつのことの派生である。

つまり、学びという追及の先には、
ひとつのことが待っていることになる。

千田琢哉名言その3502

  2021年03月28日21時15分24秒0002_R

才能は元々あるもの。

よって、足し算式でしか成果が出ないとすれば、
それは、才能はないことの表れである。

掛け算式で成果が出れば、
それは才能があることの表れである。

才能探しで時間を費やすほど、人生は長くない。

効率よく才能を探すための指標。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: