FC2ブログ

千田琢哉名言その3562

  2021年05月28日08時34分37秒0003_R

別れ際には、人の本性が現れる。

なぜなら、もう二度と会わない(かもしれない)
相手だから、素の自分が出てしまうから。

否、「旅の恥は搔き捨て」だから、
もう二度と会わない(かもしれない)相手には、
素の自分を出せてしまうのだ。

だからこそ、別れ際に注視する必要がある。

別れ際があっさりしている人は、
あっさりとした人間関係。

別れ際がねっとりしている人は、
ねっとりとした人間関係。

別れ際が丁寧な人は、
丁寧な人間関係。

別れ際が雑な人は、
雑な人間関係。

千田琢哉名言その3561

  2021年05月28日08時34分37秒0002_R

「まずは」というのが肝。

なぜなら、言葉のシャワーを浴びると、
物事の見方の選択肢が増え、
視野が広くなる。

視野の広さがあれば、どんな体験を通しても、
得るものがたくさんある。

反対に、視野が狭いと、
どんな体験も主観的になり、
得るものが少ない。

したがって言葉のシャワーを浴びれば浴びるほど、
人は成長できるのだ。




千田琢哉名言その3560

  2021年05月28日08時34分37秒0001_R

なぜなら本を読んで
擬似体験をしているから、
不測の事態が、予測の事態に変わるから。

心理学を知っていれば、
人の心理状態を予測でき、
不測でなくなる。

経済学を知っていれば、
世の中の仕組みがわかり、
不測でなくなる。

本を読むとタフにならざるを得ない。

千田琢哉名言その3559

  2021年05月19日16時58分30秒0010_R

言葉にすると、顕在化する。

言葉は、状況に引っ張られるから。

苦境でも楽しいといえば、楽しくなる。

楽境でもつまらないといえば、つまらなくなる。

人ではなく言葉が世界を創った。

千田琢哉名言その3558

  2021年05月19日16時58分30秒0009_R

謙虚風と謙虚の違いは、
「どれだけ許容できるか」にある。

なぜなら許容するには、
物事の本質を理解し、常に勉強し、
納得する必要があるから。

子供が反発してしまうのは、
納得できないからだ。

納得できないのは、
許容できないからだ。

許容できないのは、
勉強が足りないからだ。

つまるところ、謙虚とは、
物事に対し、どれだけ前のめりになれるか
にある。

千田琢哉名言その3557

  2021年05月19日16時58分30秒0008_R

言葉ひとつで、印象が180度変わる。

言葉

ことば

コトバ

と、言葉という字一つとっても、
印象がガラリと変わる。

全然だね

カッコ悪い

ブサイク

ヤボったい

と言われるより、ウソでも

すごい

カッコイイ

かわいい

キレイ

といった言葉の方が、
言う方も、言われる方も、
気分は上がる。

人が言葉を作ったのではなく、
言葉がヒトを創った。





千田琢哉名言その3556

  2021年05月19日16時58分30秒0007_R

人間の脳は、意識したものに
目がいくようにできている。

「赤色」を意識すれば、
赤色に。

「成功」を意識すれば、
成功に。

「上司の小言」を意識すれば、
上司の小言に。

その何かに意識している時、
言葉の宝庫である「書店」に行くと、
最適解の如く、「本のタイトル」が目に飛び込んでくる。

それが運命の本との出逢い。

千田琢哉名言その3555

  2021年05月19日16時58分30秒0006_R

宝探しの土台は、冒険。

冒険には、アクシデントやトラブル、がつきもの。

それらを乗り越えたところに、
世界の平和だったり、宝が手に入る。

いい本との出会いもまた、冒険である。

アクシデントやトラブルに見舞われた時に、
出逢うのだ。

否、いい本は、不遇の時にしか
出逢えない。


千田琢哉名言その3554

  2021年05月19日16時58分30秒0005_R
貧しくなっていくのです。

ベストセラーには、その時代の「売れる理由」が詰まっている。

そもそも「売れる」と思ったものが売れるわけではない。

「こんなものが売れている」と人は後から気がつく。

「勝った者が強い」の如く、
「売れたもの」がベストセラーになるのだ。

したがって、何が売れるかわからない状況で物を売ろうとしたとき、
「ベストセラー」が頼りになる。

「ベストセラー」の感覚を身につけることが
売れる感覚を身につけることになる。

千田琢哉名言その3553

  2021年05月19日16時58分30秒0003_R

量を質に転化させるには、
数をこなすことが速い。

なぜなら脳は、エネルギー消費を抑える為に、
「省略を常」としているから。

はじめは考えながら動いていたものが、
次第に体に染みつき、考えずとも動けるようになる。

さらに継続していけば、
意識せずとも、行動できるようになり、
無意識でできるようになる。

継続は、無意識の力だった。

千田琢哉名言その3552

  2021年05月19日16時58分30秒0002_R

忙しいというのは、
何かが間違っている。

・時間配分が間違っている。
・工程が間違っている。
・勝てない分野にいる。
・儲からない分野にいる。

いずれにしても、忙しいということは、
要領が悪いのである。

「ラクして儲ける」というのは、
最高のお手本。

千田琢哉名言その3551

  2021年05月19日16時58分30秒0001_R

なぜ本を読むと時間に余裕ができるのか?

その理由は2つ。

ひとつは、単純に、
ビジネス書や成功本などを読んで成功したから
時間に余裕ができ、読書ができるといった状態。

もうひとつの理由は、
「本が読める時間」を捻出するために
読書時間を優先しているといった状態。

結果的に、本を読んで成功し、
時間持ちになれる。

本を読めば時間が増え、
「本が読みたい」と思えば、
本を読むための時間を捻出する。



千田琢哉名言その3550

  2021年05月09日18時13分38秒0010_R
すればいいのだ。

アウトプットは、
インプットの対極にあるものではない。

なぜならインプットは、
アウトプットのための行為であるから。

よって、対極ではなく、
相互依存関係にある。

アウトプットする為に、インプットする。

インプットしたら、それを踏まえてアウトプットする。

アウトプットしたら、それを踏まえてインプットする。

それらサイクルを繰り返し、最終的にアウトプットするのだ。

すべては、アウトプットするため。

千田琢哉名言その3549

  2021年05月09日18時13分38秒0009_R

批判を批判と捉える人と、
批判を一意見と捉える人と、
批判を賞賛と捉える人がいる。

彼らの違いは、
「どの世界に生きているか」
にある。

批判を批判と捉える人は、
他人の世界に生きている人。

批判を一意見と捉える人は、
他人と共存した世界に生きている人。

批判を賞賛と捉える人は、
他人が存在しない自分の世界に生きている人。

これは、正解不正解、
是が非の話ではない。


千田琢哉名言その3548

  2021年05月09日18時13分38秒0008_R

他人の評価が気になっているうちは、
インプットでしかない。

なぜなら、インプットしている姿を
評価してもらおうとしているだけだから。

そもそも、アウトプットは、
してしまうものだから、
他人の評価なんて目に入らない。

したがって、評価が気にならないことを
目標にする。

千田琢哉名言その3547

  2021年05月09日18時13分38秒0007_R
新しく見えているに過ぎない。

今、便利な生活ができるのは、
過去に、パクリの組み合わせがあったから。

車にしても、スマホにしても、
「俺はこうしよう」
といったパクリから、進化していった。

したがって、
「パクリはダメ!」と言うのは
「発展しなくていい」「便利にならなくていい」
ということなる。

常に進化を求める人間の本能を
否定することはできない。

千田琢哉名言その3546

  2021年05月09日18時13分38秒0006_R
その人の個性になるのだ。

人は遺伝子レベルから、
誰かの模倣である。

したがって、完全なるオリジナルは存在しない。

しかしそんな模倣も、完全なる模倣は存在しない。

「模倣」×「模倣」で、オリジナルな模倣となるから。

つまり、どんなに模倣しても、
オリジナリティは隠せないのである。

千田琢哉名言その3545

  2021年05月09日18時13分38秒0005_R
雑魚が集まる。

「エネルギーは高いところから、低いところへ流れる」は、
「エネルギーは最終的に均一となる」と言い換えられる。

したがって、自分を高めたければ、
エネルギーの高い場所へと向かわなければならない。

反対に自分がラクできてしまう場所というのは、
自分を低める原因となる。

勇気を持って場所を変えれば、
人は変わることができるのだ。

千田琢哉名言その3544

  2021年05月09日18時13分38秒0004_R

イラッとすることは、
簡単なようで、簡単ではない。

なぜならイラッとくるセンサーは、人それぞれで、
その度合いも人それぞれだから。

コンビニ店員のおつりの渡し方に
イラッとする人もいれば、
全く気が付かない人もいる。

タクシー運転手の態度に
イラッとする人もいれば、
全く気が付かない人もいる。

ラーメンが冷めていて
イラッとする人もいれば
全く気が付かない人もいる。

「小さいことは気にすんな!」は、
実は人を退化させる言葉だったのだ。

「小さい奴」が世の中を便利にしている。


千田琢哉名言その3543

  2021年05月09日18時13分38秒0003_R
多くの弱者たちが興奮するから
言ってはいけないことである。


人は禁止はされると、逆にやりたくなる生き物。

したがって、やらせたければ、禁止すればいい。

とは言っても、禁止に罰則を持たせてしまえば、
文字通り、誰もやらなくなってしまうので、
禁止だけど禁止ではないグレーを攻める。

そこに何かあると思わせることが、
人を惹きつけるネタになる。

千田琢哉名言その3542

  2021年05月09日18時13分38秒0002_R

人は「言葉にできる」と
強力な武器になる。

なぜなら、言語化は
二次元のものを、三次元へと変化させることが
できるから。

「鳥のように飛びたいなあ」から
「飛行機」が生まれた。

「冷たくて美味しいものが食べたいなあ」から
「アイス」が生まれた。

「世界中の人と繋がりたいなあ」から
「インターネット」が生まれた。

頭の中に浮かんだことを、言語化すると、
イノベーションが生まれる。



千田琢哉名言その3541

  2021年05月09日18時13分38秒0001_R

心の支えは、
「もう一人の自分」がいるということ。

「もう一人の自分」とは、
稼いでくれる自分。

「もう一人の自分」とは、
対話してくれる自分。

「もう一人の自分」とは、
何でも受け入れてくれる自分。

「もう一人の自分」がいれば、
心の支えとなるだけでなく、
人生のバックボーンとなってくれるのだ。


千田琢哉名言その3540

  2021年04月25日20時22分54秒0011_R

時代は時として、
革命を必要とする。

なぜなら、人類の進化には「契機」が
欠かせないからである。

それは世界を震撼させるパンデミックかもしれない。

それはひとつの国が滅ぶ戦争かもしれない。

いかにしても、事は起こるべくして起こるもの
というのが、解である。

今の自分に、今の世の中に必要だから、
現れたのである。

千田琢哉名言その3539

  2021年04月25日20時22分54秒0010_R
 
人は何かを埋める為に生きてる。

空腹を埋める為に、生きる。

さみしさを埋める為に、生きる。

コンプレックスを埋める為に、生きる。

したがって、生きることは、埋めることなのだ。

逆を言えば、何かを埋められるから人は生きられるのである。

千田琢哉名言その3538

  2021年04月25日20時22分54秒0009_R
戦略を練り、
それをブラッシュアップしながら生きているのだ。


長所を伸ばすことの重要性が叫ばれている。

しかし長所はわかりやすく、目に見えるものだか、
短所は克服してみない限り、わかりづらいものである。

なぜなら短所には、
自分の知らない才能がある可能性が否定できないからだ。

実のところ、短所になったのは、
食わず嫌いな部分が理由であり、
やってみたら案外できたことは多い。

以上を踏まえ、短所に目を向けることで、
才能が見つかる。

千田琢哉名言その3537

  2021年04月25日20時22分54秒0008_R

なぜ完全なるオリジナルは、
存在しえないのか?

それは、すべてのものが
創造と破壊を繰り返しているから。

細胞にしても、物にしても、人間にしても、
地球にしても、誕生し、やがて死滅する。

したがって、影響し合う以上、
オリジナルは存在できないのである。

万物は、何かに影響し、何を影響させている。

千田琢哉名言その3536

  2021年04月25日20時22分54秒0007_R
しかし、本当の成功はできないだろう。

成功するには、
「型を破る」必要がある。

なぜなら、型を破ることで、
「自分らしさ」を添加することができるから。

もし、型通りにしていれば、
その人以上になることはもちろん、
自分自身以上になることはできない。

「師から離れる」
「師を変えてみる」
「自分が師になる」
といった、型から離れる発想を持つことで、
成功することができる。

「型破りな奴」は、
勇気を出して一歩前に出た奴。

千田琢哉名言その3535

  2021年04月25日20時22分54秒0006_R
例外なく「憤」を活かして成功している。

「憤を活かす」とは、
小さなストレスを行動に転換すること。

大きなストレスは、すぐに回避してしまうため
継続的な行動力へは転換できない。

小さなストレスであれば、
継続して行動力へ転換できる。

「上司の小言に憤慨して、成果を出す。」

「体型のことで人目が気になり、ダイエットする。」

「コロナの自粛生活に嫌気がさし、移住した。」

チクチクの痛みは、人を突き動かす。

千田琢哉名言その3534

  2021年04月25日20時22分54秒0005_R

人を動かす原動力となるのが、
「イラっと」

食料がなくてイラっとしたから、
「農作」が生まれた。

夜暗くて何もできず、イラっとしたから、
「電気」が生まれた。

服を手洗いするのが嫌で、イラっとしたから、
「洗濯機」が生まれた。

革命的な発想はすべて
イラっとから生まれた。

つまり、イラっとは、
革命が生まれる種であり、
イラっとして行動するのは、種まきである。

千田琢哉名言その3533

  2021年04月25日20時22分54秒0004_R
になっているのだ。

人間は、痛みによって成長する。

なぜなら、人間は不快を快にすることで
発展してきたから。

遠い距離を歩くのは、不快だから
自動車が生まれた。

病気で苦しむのは嫌だから、
薬が生まれた。

もっとたくさんの人と繋がりたい
という不快があったから、インターネットが生まれた。

つまり、不快は人を突き動かす
原動力なのだ。

今、感じている不快に
成功の元がある。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: