FC2ブログ

千田琢哉名言その3638

  2021年09月24日08時02分00秒0004_R

なぜなら、逆境は、
逆境であるがゆえに、
新たな自分を開拓できる機会にあるからだから。

平和ボケという言葉があるように、
平和は人を弱体化させる。

反対に、混沌とした時代は、
生きる力が湧き出る。

生きようと必死になるので、
自分には気がつかない自分と出会えるのだ。

したがって、逆境は
自分に出会う機会であり、
絶好のチャンスということになる。

千田琢哉名言その3637

  2021年09月20日08時36分14秒0006_R

リーダーシップは後天的に獲得できるものと
言われる。

しかし、ポストは属性を選ばないから、
リーダーシップがあろうがなかろうが、
突然やってくる。

しかし、やってきても選ぶのは自分だから、
何がなんでもやる必要はないのである。

ここから学べることは、何をどう選ぶかにある。

伸びしろはないが、実践から学ぶのか、
きっぱりと捨て、得意分野で勝負するのか。

どう選ぶかにある。

千田琢哉名言その3636

  2021年09月20日08時36分14秒0005_R

小型のチャンスが、毎日降ってくるとしたら、
中型のチャンスは、毎年降ってくる。

毎日と毎年の違いは、
チャンスの大きさはもとより、
質の違いもある。

質とは、仕事の内容であり、
それを行うに値するか否かが決定する。

したがって、中型のチャンスをものにしたければ、
小型のチャンスをものにする以前に
質に伴う実績をあげておく必要がある。

一年に一度のチャンスは、質で見なければならない。

千田琢哉名言その3635

  2021年09月20日08時36分14秒0004_R

健康はビジネスはもとより、
人間活動を行う上で、必要不可欠なもの。

したがって、健康管理は
人間管理であって、
すべての人間にとって義務なのである。

そもそも健康である自体が、
医療費もかからないし、
機会損失もないので、プラス。

不健康はチャンスもお金も失うことから、
マイナス。

つまるところ、健康は、
ビジネス以上のビジネスだったのだ。

千田琢哉名言その3634

  2021年09月20日08時36分14秒0003_R

なぜなら、

会釈であれば、
大嫌いな相手でも、
無理せずできるからである。

そして、相手も無視されたとは思わないので、
お互い精神的負担が少ないのである。


千田琢哉名言その3633

  2021年09月20日08時36分14秒0002_R
引っ張り合いが無数に行われているのだから、
敵の数は少ないに越したことはないということだ。


どうにでもなる部分を持ち合わせた組織で
生き残るには、敵の数を少なくすること。

だからと言って、自分を押し殺してまで、
敵を少なくする必要はない、

敵は無限に現れることを踏まえると、
敵を作らない事ばかりに時間を取られるのは、
愚行でしかないからである。

したがって、最低ラインだけ確保しておき、
残りの部分は仕事に注力すべきなのだ。

千田琢哉名言その3632

  2021年09月20日08時36分14秒0001_R
まくるからである。

そもそもこの世は、グレーゾーンだらけ。

組織もグレーゾーンだらけだから、
その部分に関してある意味では、
どうにでもなってしまうのだ。

やるべきことと、
やらなくてもいいこと。

本当はやるべきだけど、
ルールがないから、
やらなくていい
ということになる。

そのグレーを使って人を貶めることも
助けることもできるのだ。



千田琢哉名言その3632

  2021年09月13日07時49分54秒0006_R
バカバカしいほどに些細なことに挑んで、
アンチエイジングを習慣にしたい。


他人から見たらバカバカしいほどに些細なことでも、
自分にとっては最優先事項であり、最重要事項である。

本能や直感に従って思ったことなのだから、
間違いない。

それは、自分の世界からしたら、
1番大事なことなのだから。

したがって、世間体抜きで、
色眼鏡なしで自分に従う必要がある。

それに従ってさえいれば、
アンチエイジングできる。

千田琢哉名言その3631

  2021年09月13日07時49分54秒0005_R
しても引き寄せるチャンスに限りがあるというわけだ。

そもそも情報技術とは、
情報をA地点からB地点へ運ぶ手段である。

したがって、どれだけスムーズに情報が移動しても、
元の情報がお粗末であれば、
お粗末がAからBに移動しただけの話となる。
  
反対に情報技術がお粗末でも、
元の情報に力があれば、
移動してもしなくても、
人は集まってくる。

つまり元の情報にどれだけ価値を与えられるかが、
カギとなる。

千田琢哉名言その3630

  2021年09月13日07時49分54秒0004_R

寡黙とは口数が少ない人を指す。

しかし、イコール口数が少なければ
成功できるとは限らない。

なぜなら、口数が成功を決めているのではなく、
口数を行動力に転換できた人が
成功者であるから。

よって成功に不可欠なのは、転換力であり、
いかに静のエネルギーを動のエネルギーに転換できるかが、
カギなのだ。

千田琢哉名言その3629

  2021年09月13日07時49分54秒0003_R
ある。

成功したければ、
トラブルと隣り合わせの場所にいることが
重要。

ひとつ注意しなければならないことは、
トラブルの種類である。
 
悪事や犯罪と言った類いのトラブルは、
文字通り、そのトラブルによって身の破滅に向かう。

しかし、大きな目標や大志に付随してくるトラブルは、
喜んで迎え入れる必要がある。

同じトラブルでもベクトルによって、
天国行きか地獄行きかが決まる。

千田琢哉名言その3628

  2021年09月13日07時49分54秒0002_R
守ってもらえるからである。

のであれば、
もっと極限まで追い込める。

外界で極限まで追い込むのと、
庇護の元で追い込むのとでは、
比較にならないほどの差がある。

しかしながら、人間はどんな場所でさえ、
その世界が本当の世界だと思ってしまう。

するとどんな小さな世界であろうと、
挑戦しなくなる。

よって、今いる世界の規模を知ることは、
何より重要である。

千田琢哉名言その3627

  2021年09月13日07時49分54秒0001_R

一見、チャンスとトラブルは、
対極の概念があるように思える。

しかし、チャンスとトラブルは、
同義であり、表裏一体である。

なぜなら、チャンスは、きっかけを元に創られるから。

そして、きっかけはいつもトラブルが運んできてくれる。

つまり、チャンスには、トラブルが不可欠であり、
チャンスを掴みたかったら、トラブルを避けてはならなかった
のである。

千田琢哉名言その3626

  2021年09月07日17時19分55秒0005_R

小型のチャンスとは、
チャンスになる手前のきっかけである。

それらきっかけが一つとなり、
純粋なチャンスとして登場する。

そのきっかけとは、チャンスを引き起こす
トリガーのことで、私たちの行動と動向が、
一致した時のことである。

行動だけでなく、動向だけでなく、
それらが重なった瞬間が、
トリガーポイントとなる。



千田琢哉名言その3625

  2021年09月07日17時19分55秒0003_R

したがって、逃した魚は大きいどころの話ではない。

その魚は二度と目の前には、現れないのである。

チャンスは、
実力のある人間には優しいが、
モノにできない人間には厳しい。

淡々と実績を積み上げること以外に、
チャンスを振り向かせることはできないのである。

千田琢哉名言その3624

  2021年09月07日17時19分55秒0002_R
核心以外の仕事を放棄して、
時間を生み出せば生み出すほど、
私の仕事の評価と年収は上がり続けたのである。


「雨垂れ石を穿つ」といったように、
一点に集中することは重要。

なぜなら、力は分散してしまうものだから。

さらに言えば、
効果のがある部分に
力を一点集中すれば、
相乗効果である。

多くの人はこの逆をやってしまう。

幅広く手掛け、
あまり意味のないことに時間をかけ、
力を相殺、中和させてしまう。

クリーンヒットに命を注ぐことが、
成果に繋がる。

千田琢哉名言その3623

  2021年09月07日17時19分55秒0004_R

「暇」は忌み嫌うものではない。

「忙しい」が尊いものでもない。

正解は真逆で、暇が尊いものであり、
忙しいが忌み嫌うものである。

なぜなら、忙しいとチャンスモノにできないどころか、
来てることすらわからない。

暇だと、チャンスに気づくことはもちろん、
そのチャンスを掴むための握力作りに精を出せる。

暇なことは、良いことだった。

千田琢哉名言その3622

  2021年09月07日17時19分55秒0001_R
なぜなら、顔は心が顕在化したものだから。

心の中がいつも不満で満たされていると、
不満顔に。

心の中がいつも不安で満たされていると、
不安顔に。

心の中がいつも感謝で満たされていると、
感謝顔に。

心の中がいつも安心で満たされていると、
安心顔に。

言葉が現実化するように、
心の中も現実化していく。

千田琢哉名言その3621

  2021年09月07日17時19分55秒0006_R

つまり、顰蹙を買われたり、
妬まれたり、炎上させられたりするのは、
注目されていることの証である。

なにも反応がないということは、
無関心であり、退屈という証となる。

したがって、成功したいけど、
誰一人からも嫌われたくないというのは、
矛盾しており、物理的に不可能である。

千田琢哉名言その3620

  2021年08月31日09時00分53秒0006_R
にできるというのは、
ほぼ当てはまらない。


その時々に最適なタイミングと状態がある。

タイミングとは文字通り、チャンスが目の現れた時のこと。

状態とは、目の前に現れたチャンスを
モノにできるかどうかといった
自分の実力のことである。

その2つの要素は1度到来したら、
次はないのである。

したがって、厳密に言えば、
チャンスは一度きりとなる。

千田琢哉名言その3619

  2021年08月31日09時00分53秒0005_R

後悔と失敗がなくなることはない。

なぜなら、人間の成長にとって必要不可欠だからだ。

後悔は、後悔という執着をすることで、
それを手放すために、人は動く。

失敗は、失敗することで、
またトライするか、諦めるかの選択肢に迫られ、
それによって、人は動く。

いずれにしても、人が成長するために動く要素は、
この後悔と失敗にあったのだ。

千田琢哉名言その3618

  2021年08月31日09時00分53秒0004_R
こない。

なぜなら、チャンスには旬があるから。

旬を逃した食べ物は、小粒で旨みもない。

チャンスも同じく、旬が過ぎれば
小粒で旨みのないものになる。

したがって、チャンスはこちらの準備が整っていなければ、
掴むことはできないのである。

「チャンスは日常的にやってくる」
前提で日々精進する。

千田琢哉名言その3617

  2021年08月31日09時00分53秒0003_R

チャンスを掴むには、瞬発力が必要。

なぜなら、チャンスは一瞬だからである。

そして、一瞬で過ぎ去るチャンスは、
フライングしなければ、掴むことはできない。

待ち構えるどころか、
自分から掴み取りに行くくらいでなければ、
到底チャンスは掴めないのである。

さらに言えば、自分でチャンスがくるような仕組みを作れば、
掴める確率が上がる。

千田琢哉名言その3616

  2021年08月31日09時00分53秒0002_R

人生で成功する確率より、
この世に再び生まれ落ちる確率の方が圧倒的に低い。

宝くじに当たるより、
この世に再び生まれ落ちる確率の方が圧倒的に低い。

これを踏まえると、
この世に生まれ落ちた時点で、
開いた口へぼた餅である。

ということは、
自分を含めたこの世に存在する人は、
恵まれた人なのである。

千田琢哉名言その3615

  2021年08月31日09時00分53秒0001_R

「生まれてきたこと自体が奇跡」と言うことを考えると、
そこから先の人生は、余暇活動ということになる。

そもそも人生は「生まれた瞬間がスタート」だと勘違いしている人が多い。

しかし、人生は「生まれた瞬間がゴール」であり、
そこから先は、余暇活動である。

この余暇活動でいかに
楽しめるかが、人生を生きるということ。

ゆえにゴールはスタートであり、
スタートはゴールだった。

これを踏まえると、
わたしたちが思い込んでいることは、
逆であることが多い。

千田琢哉名言その3614

  2021年08月26日08時43分28秒0005_R
受容することから逃げ回っていては、
真の問題解決から遠ざかり続けることになる。


簡単なようで難しいことがある。

それが「事実を受容すること」。

なぜなら、人は自分のことを過大評価してしまうから、
「あばたもえくぼ」に陥ってしまうのである。

「俺は、たくさん仕事をしている」
「会社が評価してくれない」
「上司がわかってくれない」

その裏には、真の問題があるにもかかわらず
過大評価のため、見えてこない。

その事実さえ認めてしまえば、
いくらでも修正ができるのだ。

問題解決以前の問題。

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文: