千田琢哉曰く、

2014年04月01日22時35分31秒_004

分を知る」というと、現実を突きつけられた感じがします。

けれど、「分を知る」という本当の意味は、
「自分の土俵を認識しなさい」ということです。

自分の得意のステージで勝負しなければ、
「分不相応」となります。

他人が苦労してクリアするものを、
難なくクリアしてしまうのが「自分の土俵」。

心から楽しいと思えることが「自分の土俵」。

千田琢哉曰く、
「さらに分を知らなければ、
 次にステージに引っ張り上げてもらえなくなる。」

成功するには、実力もさることながら
周囲からの応援も不可欠です。

分をわきまえて、頑張っている姿に
人は応援してしまう。








置かれた場所で咲きなさい。

                by渡辺和子









人間は今いるところからしか、スタートできません。

今いるところとは、「分相応」なところ。

上を見るのは大事なことですが、
足下を見つめ直さなくてはならない。

一歩は片足ずつ。

ゆうそ曰く、

2014年04月01日22時35分31秒_005

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ