千田琢哉曰く、

2014年04月04日21時57分36秒_001

勉強には2種類あります。

「子供勉強」と「大人勉強」

「子供勉強」とは、子供がする勉強というわけではありません。

「子供勉強」とは、やっていて眠くなってくるものです。

「大人勉強」とは、大人がする勉強というわけではありません。

「大人勉強」とは、やっていて目が冴えてくるものです。

「子供勉強」は義務感に駆られてるから、眠くなる。

「大人勉強」は本能に従っているから、目が冴える。

勉強とは本来、「大人勉強」でなくてはならない。

やっていて、「楽しいか、否か」

絶対的基準です。

千田琢哉曰く、
「お子さまの勉強は自分の弱さとの勝負だった。」

自分に負けたら、「おこちゃまべんきょう」










私は天才ではありません。
ただ、人より長く一つのことと、つき合っていただけです。

                byアイシュタイン








大人勉強をするには、やりたいことをやればいいだけの話。

丁度、子供が夢中で遊んでいるような感じです。

夢中こそ、現実的で自然体です。

ゆうそ曰く、

2014年04月04日21時57分36秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ