FC2ブログ

  千田琢哉曰く、

2014年04月04日21時57分37秒

「何も勉強していないのに毎回満点を取る人間の存在に気づくことだ。」

努力して平均点を取る人間もいれば、
努力なしに満点を叩きだす人間もいる。

まずは、この事実を受容することからスタートです。

「人間皆平等だ」と唱えるのも、もはや現実逃避にしかなりません。

ここで気をつけなければならないのは、
「努力して平均点を取る人生を歩んではいけない」ということ。

「努力なしに満点を取れる人生にしなければいけない」ということ。

自分の土俵で、相撲を取らないとドリームはありません。

自分の土俵で、プロレスをするのは野暮です。

千田琢哉曰く、
「平均点を取るというのは、いつでもどこでも誰とでも
 代替可能だということだ。」

平均点だと安心してしまう、我々日本人。

「洗脳」と言えばそうなってしまいますが、
日本人の習性と言うべきかもしれません。

本能に従わなければ、幸せになれないことと
本能に逆らわなければ、幸せになれないことがあります。







私は平均的な人間に過ぎない。
ただ平均的な人間より一生懸命働いているだけだ。

                     byセオドア・ルーズベルト






「平均」は数字として見るものです。

数字でなければ「感覚的」なもの。

どんな分野が自分の土俵なのか、貪欲に挑戦し失敗する必要があります。

とにかく行動するしかありません。







ゆうそ曰く、

2014年04月04日21時57分37秒_001

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ