千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

千田琢哉曰く、

2014年04月04日21時57分42秒


「大宇宙」とは、宇宙そのもの。

「小宇宙」とは、人間のこと。

類比関係のあるこの二つ。

僕らは、小さな宇宙。

宇宙の模倣です。

宇宙の模倣である人間が考え出したものは
すべて解決できる。

宇宙の原則は、人間の原則。

人間の原則は宇宙的なだけで、宇宙ではありません。

原則に基づけば、問題は問題にすらならない。

千田琢哉曰く、
「人間の法則なんて、宇宙全体の中では
 本の一欠片でしかない。」

それに悩んで命まで落とす人がいる。

笑い事ではなく、自分も注意しなくてはいけない。

勉強をしなければ、一生自分を発見できない。






宇宙の果ては、自分が息絶えたときにわかるのかも。

               byネットより。






現在の最先端宇宙論によると、
宇宙は「有限でもあり、無限でもある」ということ。

地球はどこまで行っても地球です。
同じように、宇宙の果ては、
またこの宇宙であるとされています。

宇宙の「端」はあっても、「果て」はないのだそうです。

そう考えると、小宇宙である人間の「果て」
つまり「死」も「端」でしかないのかもしれません。

そこを越えるとまた、人生が始まる。

「魂は不滅」というのは道理なのかもしれません。












ゆうそ曰く、

2014年04月04日21時57分42秒_001

 「勉強の技法」

0 Comments

Leave a comment