千田琢哉曰く、

2014年04月04日21時57分42秒_002


国語の授業は、日本語が上手に読み書きできるように
なるのが目的ではありません。

国語の授業の真の目的は、
「口説きのテクニック」を身につけるためなのです。

「口説きのテクニック!!?」

異性へ告白する時。

ビジネスでお客様を虜にする時。

漢字が書けたり、古文が読めたりというのは、
すべて、口説きテクニックの一つ。

貫通力のある名言ですね。

千田琢哉曰く、
「古今東西の言葉の中には、口説きの表現が溢れている。」

国語の授業で、「読書の時間」があります。

読書をする意味は、読解力を高めるためだけではありません。

本の中にある「名言」を吸収し、魅力的になっていく。

名言は最強の口説きフレーズ。






運は口説くもの。
女性を口説くように運を口説く。

              by長谷部誠






女性を口説く、お客様を口説く。

「口説ける」というのは、「人の心を掴める」ということ。

人間が魅力的でなければできないこと。

僕らは皆、人間を磨くために生きている。


ゆうそ曰く、


2014年04月04日21時57分42秒_003

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ