千田琢哉曰く、

2014年04月22日22時33分03秒_001

「長い文章は言い訳がましくなる。
 潔い一文を心がけよう。」

長い一文は、自分のため。

短い一文は、人のため。

「長い文章が書けるのはすごい。」

「頭がいい」

長い文だと、量で人は圧倒されます。

しかし、量で圧倒できる時代は終わりました。

今や、量より質。

質がよければ、貴重な時間を浪費しなくて済む。

文が長ければ長いほど、理解率が悪くなります。

大切なのは、伝わったこと。

伝わったことがすべてで、伝わる時間も短いほうがいい。

千田琢哉曰く、
「批判されるのが怖いから、言い訳がましい文章になる。」

長い一文は、自分を弁護するために長くなる。

短い一文は、相手の貴重な時間を奪わなくて済む。






生産性の本質を測る真の基準は、
量ではなくて、質で決まる。

            byドラッカー






短ければ、なんでもいいわけではありません。

その一文が、
人の人生を左右するキャッチコピーでなければならない。

一文で人を感動させるには、
日頃から大量の活字を浴びている必要があります。

量が質に変化する。

ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分03秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ