千田琢哉曰く、


2014年04月22日22時33分07秒

「平均を気にしていては、自分らしさを失う。
 平均を気にせず、自分らしく生きることが大切。」

「自分らしさ」とは、何でしょうか?

「自分らしさ」とは、他人の評価を気にしないマイペース。

平均を気にした時、誰かの価値観で生きることになる。

平均を気にした時、奴隷の価値観になる。

数字としては存在するが、
現実に「平均の人」というのは存在しない。

平均「的」なだけで、平均ではない。

千田琢哉曰く、
「平均だと安心し、平均より下だと卑屈になり、
 平均より上だと傲慢になる。」

平均とは一体何者?

平均とは実体のない空想です。

空想の中で、ああじゃない、こうじゃないと言っているだけ。

夢を見ながら「これは夢なんだ」と
言っている感じです。






平均値だけで売り上げを見ない。

           by鈴木敏文





平均値はあくまで数字。

その条件、状況によってエネルギーの使われ方が
全く違う。

数字だけを見て、過程は等閑にできません。

ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分08秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ