千田琢哉曰く、

2014年04月22日22時33分11秒_001


人生は
「善いことも、悪いことも、与えた分だけ与えられる」
といいます。

10与えて、100返ってくることはありません。

100与えて、10返ってくることもありません。

人生の帳尻はどこかで合うようになっています。

「損した」「得した」といちいち
一喜一憂していては、コンパクトな人生で終わる。

長い目で見て、素直に生きればいいのです。

急ぐ旅でもあるまいし。

千田琢哉曰く、
「情けは人の為ならず」

悪いことばかりで人生が埋め尽くされていたら、
もちろん有り難みは感じません。
しかし、
いいことばかりで、人生が埋め尽くされていても
有り難みを感じません。

光と影があって、感謝ができるのです。






愛の前で自分の損得を考えること自体、ナンセンスだ。
そんな男は女を愛する資格はない。
 
                by岡本太郎






だから安心して素直になっていい。

だから安心して誠実になっていい。

だから安心して「ありがとう」と言っていい。

だから安心して「ごめんなさい」と言っていい。


ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分11秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ