千田琢哉曰く、

2014年04月22日22時33分18秒
2014年04月22日22時33分18秒_001

「成功の第一エンジンは、劣等感の爆発的なエネルギーだ。

 成功の第二エンジンは、第一エンジンを切り離すことだ。」


成功するためにはエネルギーが必要です。

それも爆発的なエネルギーが必要だと言います。

その爆発的なエネルギーはどこから生まれるのか?

それは「劣等感」から生まれます。

強烈な劣等感を持っていると、
「なにくそ!」精神で物事を貫徹できる。

目標があれば、目標を達成してしまう力になる。

ここまでは、一般論。

しかし、重要なのはこの先。

その爆発的なエネルギー源である「劣等感を手放す」のです。

千田琢哉曰く、
「成功前は最強の武器だった劣等感が
 成功後は手かせ足かせになるのだ。」

成功後の劣等感は今まで自分を応援してくれた人にさえ
仇となってしまう。

劣等感は「諸刃の刃」。

強力な武器ですが、自分をも傷つけてしまう。






誉める気になればいくらでも誉められる。
けなす気になればいくらでもけなせるの。
自分をけなして生きたら地獄だよ。

               by斉藤一人






「劣等感」も使い方次第。

使い方次第で、善き力にもなれば
悪き力にもなる。

人は劣等感を克服するために生きている。

なくてはならないもの。


ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分18秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ