千田琢哉曰く、

2014年04月22日22時33分30秒_001

「いつも群がっていて似たような価値観しか持っていないと
 
 詐欺に遭う。」


詐欺師の狙いといえば、「群れ」です。

単体より群れの方が騙しやすいと言います。

群れの中の一匹さえ信用させてしまえば、
芋づる式に収穫できるからです。

群れの中にいると、根拠のない安心がある。

「横断歩道みんなで渡れば怖くない心理」で安心してしまう。

安心させたら、いいカモネギです。

千田琢哉曰く、
「読書を究めると世の中を自然に見抜く力がついてくる」

孤高に読書していると、それは正解か否かの判断が
一瞬でできる。

自分の中のベースとペースががあるから
惑わされない。






本物のキャベツは芯まで甘い。

            by作者不詳





本物かどうか見極めるには、
自分が本物を知っていることが前提です。

芯まで甘いかどうか知るには、
群れていてはわかりにくい。

ゆうそ曰く、

2014年04月22日22時33分30秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ