千田琢哉曰く、


2014年04月29日22時44分57秒_002

「偶然開いたページに運命の言葉がある。」


書店でタイトルが目に飛び込んでくる運命の出逢いがあれば、
本を読んでいて、運命の一文に出逢うこともあります。

名言、格言、ことわざ、という定番の「運命言」と出逢うこともあれば
何気ない著者の一言で、運命を感じることがあります。

これも出逢うべくして、出逢った一文です。

赤外線通信のように発信するもの、受信するものが
一体化したとき、レボリューションが生まれます。

千田琢哉曰く、
「求めていると運命の言葉に出逢う」

自分が何かを発信していたから、運命に出逢えた。

自分が何か受信していたから、運命に出逢えた。

何かを求めて動き出すのは義務感からではありません。

人の生理現象です。







やれ運命がつまらないの、人生がつまらないのって人は、
その考え方がつまらない。

                 by中村天風




自分の人生を面白くするのは、自分にしかできません。

運命が自分の人生を、面白くすることはありません。

自分が動けば、何かに受信できる。


ゆうそ曰く、

2014年04月29日22時44分58秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ