千田琢哉曰く、

2014年04月29日22時45分01秒_001

「本の森」とは「書斎」のこと。

「本の森の息吹」とは、本の中の「あなたを癒す言葉」のことです。

本に囲まれていると、どんなに凹んでも立ち直れる。

凹んだ時に、友達同士で傷を舐め合っても応急処置でしかありません。

束の間の現実逃避。

千田琢哉曰く、
「程度の差はあるものの、同じ人間が凹むパターンは
 大抵の場合、決まっている。」

大抵決まっているのだから、自分の本に囲まれていれば
解決してしまう。

「凹んだ→友達現実逃避」のパターンでは
永遠に解決しない。

忘れかけていた癒しの言葉が蘇ってくる。






癒しの技の中で、決してなくてはいけない要素が一つある。
それは激励の言葉を伝えることだ。

              byシャーウィン・B・サーランド





本は何も発することなく、発信している。

淡々とそこにいるだけで、無限に激励する。

本はエネルギー体。

ゆうそ曰く、

2014年04月29日22時45分01秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ