千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

千田琢哉曰く、

2014年04月29日22時45分04秒

「本当の読書」というものがあります。

本当の読書とは、
「自分の独断と偏見にまみれている」

誤解、勘違い、それこそが本当の読書。

千田琢哉曰く、
「本に書いてあることは、
 単なるきっかけに過ぎない。」

読書とは読解して、模範解答を出すことが目的ではありません。

読書とは「きっかけづくり」。

読んだ人の背中を押す起爆剤になればいい。

勘違いして、一歩を踏み出せればいい。

誤解して、勇気をもらえればいい。

本の価値は絶対的に、読んだ人が決めていいのです。




人間なんて誤解と偏見でつき合っているのよ。
よく見えないからつき合えるのよ。

                by永六輔




よく見えないから、気持ちよく勘違いできる。

勘違いの先に見えるのが本当の価値。

自分が思った通りに結果がついてくる。

ゆうそ曰く、

2014年04月29日22時45分04秒_001

 「読書の技法」

0 Comments

Leave a comment