千田琢哉曰く、

2014年04月29日22時45分06秒

本は紙でできています。

紙は木からできています。

木は自然のもの。

本も自然のもの。

つまり、本は生き物なのです。

千田琢哉曰く、
「本を捨てると、体の中に魂が吸い込まれていく。」

本を捨てるというのは、本を自然に返してあげるということ。

自然に返された本は、成仏する。

捨てると決心したら本の魂は自分の中に生きるのです。

体は消滅しても、魂は永遠です。







答えは本にはない。
読んでいる君の中にある。

             byトム・ストッパード






本に書かれているのは、文字。

自分で読んでいるときは、その文字が言葉に変わります。

その言葉に魂が宿り、あなたの中に籠もる。






ゆうそ曰く、

2014年04月29日22時45分06秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ