千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「罪人」

001_convert_20111205153042.jpg

千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『転職1年目の仕事術』より。


「無意識の罪がいちばん重い」


千田さん曰く、
『自分としては反省のしようがないわけだから
 その分、質が悪い。

 「そんなつもりではなかった」
 というのは周囲にはまっすぐに受け止められない』
と。

無意識とは
「自分で気づいていない状態です」


「罪を犯しているのに気がつかない」というのは、

ロープがないのに気がつかず
バンジージャンプするようなもの。


一気に堕ちます。


同じ罪を犯すでも
悪い事だと知りながら犯すのと
悪い事だとは知らずに犯すのとでは
雲泥の差です。

質が悪いのは後者。


罪の意識があるというのは
まだ反省の余地があるということです。

犯罪とまではいかなくても
日常の中で相手を傷つけたり
暴言を吐いたり。

言われた側は罪の意識の有無なんて
考えません。

言われたことがすべてなので
そこが恐いところです。




追伸
「罪を憎んで人を憎まず」
ということわざがあります。


憎むべきは「罪」ですが、
その「罪」を犯すのは人間しかいません。





 

 「転職1年目の仕事術」

0 Comments

Leave a comment