千田琢哉曰く、


2014年04月29日22時45分08秒_002

イノベーションが起こり、常識が覆される。

今度はそのイノベーションが常識になる。

その常識がまたイノベーションによって覆される。

そうやって人類は生成発展をしてきた。

イノベーションを起こした人は、歴史にその名を残す。

常識に流されている人は、その他大勢で消えていく。

千田琢哉曰く、
「イノベーションを起こし続ける挑戦者を目指そう。」

挑戦者とは、常識をぶっ壊す奴。

傍観者とは、常識に翻弄される羊。

どちらを選んでも、楽しい人生。

どちらを選んでも、つらい人生。






命綱はイノベーションにとって
重石にしか過ぎない。

                 by高須賀宣




命綱がなければならない既存と、
型から外れたいベンチャーが入り交じるこの時代。

その矛盾の果てに何を見るか?

傍観者としてのイノベーターか?

挑戦者としてのイノベーターか?

ゆうそ曰く、

2014年04月29日22時45分08秒_003

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ