千田琢哉曰く、

2014年06月17日22時03分24秒

人は独りでこの世に生まれてきて、
独りで死んでいく。

どんなに家族が沢山いても、死ぬ瞬間は独りです。

どんなに心が通い合っている相手がいても、
死ぬ瞬間は独りです。

つまり、人はどこまで行っても孤独なのです。

だからこそ、一緒に居てくれる相手に感謝できる。

だからこそ、心通い合ったときに感動する。

千田琢哉曰く、
「しかし、孤独をきちんと生きなければ、
 人生を生きたことにならない。」

「孤独をきちんと生きる」とは、
自分と向き合うということ。

自分と向き合った時、本当の人生が始まる。






自分の人生に向き合って生きる人を
成功者という。

              by神田昌典





建前の自分。

取り繕った自分。

カッコつけてる自分。

がいるのは、孤独を隠そうとしているだけ。

見て見ぬ振りをしているだけ。

自分に一番素直でなければ、人生は楽しくない。

ゆうそ曰く、

2014年06月17日22時03分24秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ