千田琢哉曰く、

2014年06月17日22時03分25秒_001

神様の勝負とは、
「どれだけ大きなチャンスを逃しても、
 どれだけふて腐れずにいられるか?」
というゲームです。

誰だって大きな魚を逃したときの後悔は大きいです。

「大きな商談を逃した。」

「素敵な出逢いを不意にした。」

けれどそんな状況の時に限って、
神様は勝負を仕掛けてくる。

「君はこの状況でどれだけ腐らずにいられるかな?」

グチを言ったり、フテクサレたらゲームオーバー。

千田琢哉曰く、
「「以前のあの程度では気づいてくれなかったから
  これならどうだ?」
 と勝負を仕掛けてくるようなイメージだ。」

腐らずに前向きでいたら、あなたの勝ち。

次回はより大きなチャンスを与えてくれる。






チャンスを逃したら二度と来ない気で
貪欲になる。

            by森下洋子




二度と来ない一生一代のチャンスを逃しても、
さらに貪欲でいられるか?

何が起きても淡々としていられるか?

神様はそんなところを見ています。



ゆうそ曰く、

2014年06月17日22時03分25秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ