FC2ブログ

千田名言×自分 ~integration~

千田本から毎日学ぶブログ

「実はそうなんです」

001_convert_20111206220450.jpg
001_convert_20111206220625.jpg



千田琢哉さんの言葉です。

千田琢哉…
次代創造館代表。イノベーションクリエイター。
愛知県犬山市生まれ、岐阜県各務原市育ち。東北大学教育学部教育学科卒、
日系保険会社本部、大手経営コンサルティング会社勤務を経て独立。
コンサルティング会社では、多くの業種業界における大型プロジェクトのリーダーとして
戦略策定から実行支援まで陣頭指揮を執る。

現在までに延べ3300人のエグゼクティブと10,000人を超えるビジネスパーソンたちとの
対話を通じて事実と培った知恵を活かし、’タブーへの挑戦で次代を創る’を
自らのミッションとして執筆活動を行うとともに、多くの上場企業、商工会議所、
TSUTAYAビジネスカレッジ等の研修講師、複数の企業で社外顧問を務めている。
現在、南青山在住。



千田琢哉著『転職1年目の仕事術』より。


「得意技というのは
 
 がんばって人並みに
 
 できるようになったものではない
 
 むしろその逆で
 
 人の半分の努力で倍以上の成果が出る

  ようなもの」



千田さん曰く、
『本当のその人の長所とは
 「がんばらなくてもできるようになったこと」
 である。

 組織の鉄則は人は欠点を矯正することによってではなく
 長所によってしか貢献できない。』
と。


今までの日本は
「大量生産」「大量消費社会」
人を皆、平均化し機械化することが
効率重視とされていました。

足りない部分は手間暇、時間をかけて
平均化する。

それは単なる「奴隷社会」



これから求められるのは「安くて」「良い品」は基本。
その先のクリエイティブなものが付加されていなければ
人は求めません。



「自分の得意分野を伸ばす」
このほうがよっぽど効率的でクリエイティブで
「なんか楽しい」と思います。

色々な考えの持ち主がいて
それぞれが一分野を掘り下げていく。

人の価値は決して自分の価値ではなくなる。



「好きこそものの上手なれ」
と言います。

人から「やめろ」と言われても
ついついやってしまう好きなこと。

好きだから上手になり、
上手になるからますます好きになる。

この循環だと思います。



追伸
 時間は有限です。
 
 努力の方向を間違えるというのは
 致命的です。

 未然に防ぐために
 「知恵」をたくさん
 身につけなければ生き残れません。
 

 「転職1年目の仕事術」

0 Comments

Leave a comment