千田琢哉曰く、

2014年06月17日22時03分27秒_001

「限られたなけなしの長所」とは?

成功者たちは、概して天才的な才能を持っていたわけではありません。

「その限られた部分」というのは、
自分が不器用だと受容した後に「残ったもの」のことです。

不器用だから、可能性が絞られていったということです。

「器用貧乏」ではなぜ成功できないのか?

器用で何でもそつなく、こなしてしまうからです。

千田琢哉曰く、
「成功できない人と、成功している人の一番の違いは、
 自分の醜さを受容しているか否かだ。」

自分の醜さを受容していると、
手を出してはいけない分野が狭くなる

自分の醜さを受容してないと、
手を出してはいけない分野が広くなる。

結果、前者が成功者となる。





不器用な人間は苦労するけど、徹してやれば器用な人間より
不器用な方が最後は勝つよ。

              by野村克也





選択肢が多ければ、多いほど迷ってしまう。

選択肢が少ないと狭まるから、一極集中できる。

不器用な方が実は器用なのです。

ゆうそ曰く、

2014年06月17日22時03分27秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ