千田琢哉曰く、

2014年06月17日22時03分29秒_002

荷物の量は、トラブルの量に比例する。

電車内でパンパンに詰め込んだリュックが、
人にぶつかる。

狭い道を両手に荷物を抱えて歩くと、
通りすがりの人にぶつかる。

ただ単に、抱えている荷物が多いというだけで、
トラブルに見舞われる。

千田琢哉曰く、
「いざとなった時に、一歩を踏み出せない。」

何かに躓いたとき。

何かにぶつかりそうなとき。

その一歩が踏み出せずに、転んでしまう。





積みすぎは、ロバを殺す。

           byフランスの格言。




つまり、荷物とは執着のこと。

執着があると、新しいチャンスをものにできない。

両手が塞がっていては、せっかくのチャンスをものにできない。

抱え込んでいるその、荷物(価値観)は、
チャンスを逃している。

ゆうそ曰く、

2014年06月17日22時03分29秒_003

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ