千田琢哉曰く、

2014年06月17日22時03分33秒

2番と3番の差はそれほどありませんが、
1番と2番は、かなりの差があります。

雲泥の差です。

なぜなら2番以下は、その他大勢だからです。

なぜそんなに差があるのか?

それは1番は「記憶に残り」、
2番は忘れられてしまうから。

たったこれだけのことなのです。

千田琢哉曰く、
「正確には1番だけが突出して目立ち、
 2番から100番はどれも似たり寄ったりだ。」

だから1番は尊い。

2番はやはり2番。

1番の引き立て役でしかありません。






ナンバーワンと組むことに成功すれば、黙っていても
すべてがうまく行きます。

             by孫正義




それは、自分がナンバーワンにほど近いから。

ナンバー2でもいかに、ナンバーワンとの差が埋められるか?

ただただ貪欲にナンバーワンを目指す。

ゆうそ曰く、

2014年06月17日22時03分33秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ