千田琢哉曰く、

2014年06月22日22時39分16秒_001
2014年06月22日22時39分17秒

欲しいものを、欲しくないと言ってしまう。

欲しくないものほど、欲しいと言ってしまう。

人は、どこまで行っても天の邪鬼。

「所詮OOなんて・・・」

「所詮」とつく話題ほど、その人が一番興味のあること。

人はどこまで行っても、天の邪鬼。

欲しくてたまらなくて、でも手に入れる力もなければ、
勇気もないから、それ自体を否定することによって
精神的バランスを取る。

「子供が自分の好きな子をいじめてしまう現象」です。

「嫌い!」は「好き!」の裏返し。

人はどこまで行っても、天の邪鬼。

千田琢哉曰く、
「人は、自分に欠けているものに対して、
 語りたがる習性がある。」

触れて欲しくない話題はあえて、声を大にして
乗っかってしまう。

フォローを自分にしてしまう。

人はどこまで行っても、素直になれない。





弱い人間は素直になれない。

               byラ・ロシュフコー





人には「素直になれ!」と言っておきながら、
自分が一番が頑固。

自分に対しても、自分が一番頑固。

人はどこまで行っても、人間だ。



ゆうそ曰く、

2014年06月22日22時39分17秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ