千田琢哉曰く、

2014年06月22日22時39分21秒_001
2014年06月22日22時39分21秒_002

起こる現実は、すべては自分の想い方です。

どんなトラブルもどんな災難も、
起こることに意味はありません。

すべて「自然現象」のようなもの。

そこに人間が「あーでもない、こーでもない」と
意味付けしていく。

それを「出来事」と言っているだけ。

千田琢哉曰く、
「最悪のサービスを受けたら、
 笑いのネタに転換していく。」

起こった出来事をすべて、プラスに捉えれば、
それは糧になる。

起こった出来事をすべて、マイナスに捉えれば、
それはゴミでしかない。





すべての出来事はすべてが未来への糧になる。

                 by中田英寿





過去の不幸も、今の幸せの為にあったものだと考える。

どんな過去も塗り替えられる。

今想った事が今起こった現実

みんな同じ。

ゆうそ曰く、

2014年06月22日22時39分21秒_003

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ