FC2ブログ

  千田琢哉曰く、

2014年07月25日23時08分57秒

ビジネスにとって「儲かる、儲からない」は、
生と死を意味する。

儲かることはすべて「生」で、
儲からないことはすべて「死」という考え。

しかし、そう単純ではないところが
世の中のおもしろいところ。

千田琢哉曰く、
「大きな仕事のきっかけはいつも
 「こんなの儲からない」から始まる。
 長期的な仕事のきっかけはいつも
 「こんなの儲からない」から始まる。」

儲からない仕事というのは、大きな仕事の序章だったということ。

大きく儲けるための、小さな損。

そこには、無限のきっかけが眠っている。




損して得とれ。

         byことわざ




どうしても目先の損ばかり気にしてしまう。

長い目で、育てるつもりでなければ
人は早々に損しようとは思いません。

ギャンブルとは違ったギャンブル性。

ゆうそ曰く、

2014年07月25日23時08分57秒_001

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
7年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ