千田琢哉曰く、

2014年07月25日23時08分58秒_002

「きっかけ」は、マラソンのように持久力を必要とします。

辛抱強く、淡々と挑戦し続けるイメージです。

「チャンス」とは、100m走のように瞬発力を必要とします。

目の前に来た一瞬のチャンスを爆発的に掴むイメージです。

チャンスを掴める人は、
長距離ランナーでいて、短距離を走るような選手。

持久戦の中の、爆発力。

千田琢哉曰く、
「プロとして実力を蓄えているのは大前提で、
その上で清々しいほどの厚かましさが求められる。」

「清々しいほどの厚かましさ」

この相反する矛盾を兼ね備えてこそ、
人はチャンスを掴める。





覚えていて悲しんでいるより、
忘れて微笑んでいるほうがいい。

              byクリスティーナ・ロセッティ




コツコツと積み上げたものを一瞬にして捨て去る
「逆の執着力」が上昇気流に乗る力。

掴んだその手を、手放す解放力。

それが人間力。

              
ゆうそ曰く、

2014年07月25日23時08分59秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ