千田琢哉曰く、

2014年07月25日23時09分00秒

なるほど。

ナルホド・ザ・メイゲンです。

チャンスには、食べ物と同様に「旬」があったのです。

チャンスを見逃して後になってから、
「やっぱりやります!」では賞味期限切れだと。

賞味期限切れどころか、食中毒で営業停止です。

千田琢哉曰く、
「チャンスを逃した後悔の念が
 次に出現したチャンスに飛びつく勇気となるのだ。」

その旬を逃しても、次の旬の為に牙を研いでおく。

そのチャンスを逃した悔しさをバネにする。

だから中途半端に追いかけてはいけない。





鉄は熱いうちに打て。

         byことわざ




チャンスには旬がある。

そして、それをゲットする自分にも旬があるということ。

否、常に自分だけは「旬状態」でなければなりません。

ゆうそ曰く、

2014年07月25日23時09分00秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ