千田琢哉曰く、

2014年08月11日22時48分17秒_001

「別にどっちでも」という言葉は、
すべての運を悪くする、「サゲ言葉」。

この「どっちでもいいよ」という言葉は
一見、協調性がある言葉ですが、
その中には「どうでもいいよ」というニュアンスが
含まれています。

そこには心がないからです。

千田琢哉曰く、
 『「別にどっちでも」というのは、
 自分では何も感じられない頭の不感症だ。』

何も考えていない状態。

相手まかせの状態。

人生放棄の状態。

それはそれで楽なのかもしれない。







君の魂の中にある英雄を放棄してはならぬ。

               byニーチェ






魂の中にあるのは英雄とは、
「心の声」つまり本音のこと。

本当はやりたいことがあるけれど、
本音と建て前になってしまう、この天の邪鬼。


ゆうそ曰く、

2014年08月11日22時48分17秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ