千田琢哉曰く、


2014年08月11日22時48分21秒_001

「相談」というのは、誰でもすればいいというわけではありません。

「相談」は「相談すべき相手」がいたのです。

その「相談すべき相手」とは誰のことか?

その答えは今日の名言。
「幸せになるには、幸せな人
 お金持ちになるには、お金持ちな人。」

そもそも、相談は
相談すべき相手がいて、
相談すべきではない相手がいる。

相談すべき相手とは、「願いを叶えた人」のこと。

相談すべきではない相手とは、「願いを叶えていない人」のこと。

願いを叶えた人なら、その願いが叶うように
背中を押してくれる。

願いを叶えていない人は、その願いが叶わないように
ブレーキをかけてくる。

相談する側の心理は、解決して欲しいのではなく、
ただ「背中を押して欲しい」のです。

だから、相談する相手が重要となります。




相談相手は自分にするといい。

           byスタン・ダール





究極の相談相手は、「自分」かもしれません。

「相談相手は自分しかいない」というのは、
言い方を変えれば、「自分を信じる」となる。

自分を信じたとき、問題は解決している.

ゆうそ曰く、

2014年08月11日22時48分21秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ