千田琢哉曰く、
2014年10月03日06時33分57秒_004


何でも打ち明けられるのが友情の証だと、
思い込んでいる人は多い。

けれど、
現実はすべてを打ち明けることはありません。

「すべてを打ち明けなければならない」というプレッシャーの関係は、
長続きしないからです。

嫌いだから、すべてを打ち明けないのではなく、
むしろ好きで関係を長続きさせたいから、
すべてを打ち明けないのです。

ウソも方便。

人は理想では生きたいが、理想だけで生きられない。

千田琢哉曰く、
「言いたくないことはそれ以上聞かないのが
 友情の証だ。」

理想より、思いやりを優先させるのが友情。

粋な計らいが、粋な関係を生む。





友情の価値はお互いが独創性を傷つけずに、
つき合える点にあるのだ。

             by武者小路実篤




お互いに自立した関係が、本当の関係。

水の如し関係。

着かず、離れずの関係。



ゆうそ曰く、

2014年10月03日06時33分58秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ