千田琢哉曰く、
2014年10月04日06時14分48秒_001

「臆病菌」とは、
「所詮・・・と諦めて現実逃避をした患者」のこと。

ここでは、「ティッシュ配り感染者」について
記されています。

「テュッシュが配れる人」と「そうでない人」の違いは、
この「臆病菌」に侵されているかどうかなのです。

「ティッシュ配りに命を懸けている人」は、
ひたすらティッシュを受け取る相手の事を想っている。

「所詮ティッシュ配り」な人は、
ひたすらティッシュを配る不幸な自分の事を想っている。

自分で自分を蔑んで、現実逃避に明け暮れる。

たかが「ティッシュ配り」でも
無限の教えがありました。

人一人の人生が垣間見えました。






義は勇により行はれ、勇は義より長す

             by吉田松陰




危険なのは、「臆病菌」に感染しても、
自覚症状がないところです。

いつの間にか感染していて、
感染したことに気づかないのです。

完治するには、たった一つのことを行えばいい。

「自分に素直になればいい」のです。


ゆうそ曰く、

2014年10月04日06時14分48秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ