千田琢哉曰く、

2014年10月05日05時51分27秒

イラッとする人がいる。

思わずグチや悪口を言いたくなります。

言いたくなったら、要注意。

言いたくなるのは、自分にも「イラット」がある。

気になるのは、共有できるものがあるから。

なぜ気になるのか?

それは「過去の自分とダブる」からです。

コンプレッスに感じていた自分が、
目の前に顕在化されたから気になる。

自分のコンプレックスが、
平気な顔して目の前にいるから気になる。

グチや悪口は、自分のコンプレックスに向かって
言っていたのです。

千田琢哉曰く、
「イラッと来なくなったら、
 あなたが少し成長したということだ。」

イラッとくる間は、自分にまだコンプレックスがある証拠。

人は他人のことでも、自分に投影してしまうほど
自分に興味がある。








グチの母はグチ。

      by齋藤勇





グチはグチから生まれた。

そのグチも、グチから生まれた。

ひよこが先が、たまごが先か?

ゆうそ曰く、

2014年10月05日05時51分27秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ