千田琢哉曰く、

2014年10月05日06時32分38秒_002

突出した才能を持った人。

空前絶後の美人。

非の打ち所がないくらい完璧に見えるものほど、
大きな欠点があります。

表面に見えていないだけで、
光と影は存在する。

けれど、輝ける人というのは
欠点や影というコンプレックスが原動力となっている。

小さい頃にいじめにあった。

家が貧乏だった。

大病を患った。

それらがバネとなって今輝いている。

千田琢哉曰く、
「後退りするほどの美人は、
 身体に一箇所大きな欠点があることが多い。」

目に見える欠点、目に見えない欠点。

大きなプラスエネルギーの裏には、
大きなマイナスのエネルギーが存在する。





天は二物を与えず。

        byことわざ




完璧がこの世に存在しない以上、
完璧を求めるも愚行。

今持っている武器で戦うしかない。

今持っている武器が強くするのです。


ゆうそ曰く、

2014年10月05日06時32分38秒_003

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ