千田琢哉曰く、

2014年10月05日06時32分39秒

なるほど。

「上級名言」です。

実力がある人はいいわけができる。

「運がなかった」と。

最後の最後に「運がなかった」と言えば、
周囲は納得してくれる。

「そうだね。残念だったね。」

けれど、その裏には淋しさしか残らない。

いわゆるこれが凡人。

今日の名言はこれの真逆をいく。

最初から運を当てにしていない。

当てにしていないから、背水の陣で臨める。

背水の陣だから、敗北しても素直に受け入れられる。

負けを認められるから、伸びる。

運を当てにしていないから、実力しか残らない。







成功は自分の努力ではなく、
運のおかげである。

          by松下幸之助





真っ向否定。

と思いきや、これは完全なる肯定です。

もともと、運を当てにしないで成功した人は、
こう言います。

「運がよかった」

この成功への道を辿ったとき、
「運」以外何者でもなかったことに気づくからです。

ゆうそ曰く、

2014年10月05日06時32分39秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ