千田琢哉曰く、
2014年10月06日04時59分58秒_001


間違いは誰にでもある。

だからと言って、それに胡座を掻くのは筋違い。

「誤字脱字」が良き模範解答。

「誤字脱字」が多いのは、しょうがないことではありません。

その文に対する愛情が足りないからです。

0%にするのは難しいですが、
0%にする執着はいくらでも出せる。

千田琢哉曰く、
「誤字脱字というのは、本音です。
 隠しようがない。」

誤字脱字の裏にこそ、その人の本音が出る。

現に「大好きな人」の名前を間違えることはないです。







人は誰でも間違える。
しかし間違いを防ぐことはできる。

             byジャネット・コリガン




間違いを防ぐことが、限りなく愛情なのです。

遅刻をしないことが愛情なのです。

本当は怒るところで、怒らないのは愛情なのです。

ブスッとしないことが愛情なのです。

防ぎきれないものを、必死に防ごうとする姿に
愛を感じます。

当たり前は、当たり前でない。

ゆうそ曰く、

2014年10月06日04時59分58秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ