千田琢哉曰く、

2014年10月06日05時00分01秒

いつも「自分」→「相手」です。

自分がどんなに偉くなったとしても、
「自分」→「相手」です。

人間の地位に関係なく、
「自分」→「相手」です。

これは、人間として生まれた以上、
変えようのないベクトル。

あいさつをするのは当たり前。

あいさつができて初めて、プラスマイナス0。

あいさつは自分から先にしなければ、プラスにはなりません。

あいさつを相手から先にされたら、むしろマイナスです。

あいさつを待っている人がいたら、マイナス100万点です。

千田琢哉曰く、
「先にあいさつできなかったら、猛省すべき。」

たかが、あいさつ一つかもしれない。

されど、あいさつ一つなのです。

あいさつという一期一会が人生です。







人に好意を持たれたければ、
誰に対してもあいさつすることだ。
あいさつほど簡単でたやすいコミュニケーション方法はない。

                byデール・カーネギー




自分からというベクトルに価値があります。

自分からというベクトルに壁があります。

自分からというベクトルに運が向いてきます。


            
ゆうそ曰く、
2014年10月06日05時00分01秒_001

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ