千田琢哉曰く、

2014年10月18日22時51分57秒_002

携帯をうっかり忘れてしまった・・・。

なにやら、不安に駆られます。

けれど、無くても以外と不便には感じません。

むしろ、普段気が付かないようなことに、
出逢えます。

携帯電話に顰めっ面をしている人。

携帯電話とにらめっこしている人。

メールを打つ手が、何かに取り憑かれるたかのような人。

どれも、格好良さは感じません。

「普段、自分もこうなのか・・・。」
と気がつけます。

普段の自分の姿が顕在化されたようです。

千田琢哉曰く、
「あえて携帯電話を持たない日をつくる。」

不自由さの中に、本当の自由を見つけられる。

本当は、携帯しているのではなく
携帯されていただけ。

自由さの中の、不自由さに住んでいただけ。



人生を変えるきっかけというのは、
日常茶飯いろいろなところに転がっていると思うんです。
転がっているのに気づくか、気づかないか。
気づいたときに取るのか、取らないのか。

                by向井千秋




「気づくか、気づかないか」は、結果論ではありません。

「気づくか、気づかないか」は、選択しているのです。

気づいたのは、「気づく」を選択したから。

気づいていないのは、「気づいていない」を選択したから。




ゆうそ曰く、

2014年10月18日22時51分58秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ