千田琢哉曰く、

2014年10月18日22時51分58秒_001

「なんで出ないんだ!」

「なにしてんのよ?」

相手が電話に出ないからと言って、
むくれているのは、実は筋違いなのです。

電話をかけるとき、
かける側は都合がいい時にしかかけない。

電話をかけられる側は、
いつも都合が悪い。

この事実を踏まえた上で、
電話をします。

千田琢哉曰く、
「電話に出てもらえたら
 『これはありがたいことだ。』と感謝できます。

電話に出るのが当たり前ではなく、
電話に出てもらえたらとてもラッキーなのです。







神様ねえ、もし僕が彼女といること
当たり前だと思ったら、
力いっぱい、つねってください。

             by槇原敬之





目の前の当たり前こそ、よく分析すれば
全然当たり前ではないことに気が付きます。

むしろ、奇跡的なことだと感謝すらします。

当たり前のことほど、緻密だったりします。

ゆうそ曰く、

2014年10月18日22時51分59秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ