FC2ブログ

  千田琢哉曰く、
2014年10月18日22時52分00秒_002


作家として職業を全うしたい。

しかし、効率を考えたら作家として生きていけないと
千田琢哉曰く。

何より書くことが好き。

徹底的に
「効率<自分の好きなこと」
でなければ生きていけない。

否、自分の好きなことは効率がいいはず。

「楽して稼ぎたい」のなら、作家は縁遠いと。

そう考えると、一般的な考えを持ち合わせていない人ほど、
適職。

非常識ほど、適職なのかもしれません。

子供のように無垢で没頭する人に向いているのです。

千田琢哉曰く、
「書くこと自体に幸せを感じることができ
 その結果、3倍働いて2倍稼げれば御の字という
 価値観の人には向いている。」

3倍働いて、やっと2倍。

「50:50」ですらないと思った人は
向いていない。







もし市場が常に効率的だったら、
私は今頃、街角に座り込んで
物乞いをしているはず。

         byウォーレン・バフェット




効率が悪いから継続することができる。

効率が良ければ、伸びしろが残りわずか。

効率の悪さこそ、人間を進化させる。

足りないところを、何かが満たす。



ゆうそ曰く、

2014年10月18日22時52分01秒

コメント

非公開コメント

プロフィール

yousow


成功法則ライター。
千田琢哉の名言を書き連ねること
9年。
その名言から享受した“成功法則”
をアウトプットします。

成功法則と名言本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ