千田琢哉曰く、
2014年10月18日22時52分03秒_003


作家のプロとして、生きていこうと思ったら、
1%の競争率に生き残るくらいでなければならないと言います。

その1%に生き残るために死守しなければならないことが
今日の名言です。

「ビジュアル的に読む気にさせること。」

「冒頭の3行以内でハッとさせること。」

ビジュアル的に読む気にさせるは、シンプルでなければなりません。

文字ばかりの本や、緩急のない本は敬遠したくなります。

冒頭の3行以内でハッとさせるのは、
冒頭から結論を言うことです。

相手の時間を盗まないから、
続きを読んでもらえる。

説明をダラダラと続けて、結局何がいいたいの?
では、二度と読まれることはない。

この2点が、最低限の死守することだと
千田琢哉曰く。

千田琢哉曰く、
「人生はすべてオーディションなのだ。」

何をするにも、オーディション。

その緊張感が、一瞬一瞬で起きなければならない。







リハーサルと本番の境界線は自分自身が作るもので、
僕にはその境界線がない。
 
             byジョニー・デップ




毎秒が本番。

やることなすことがすべて本番。

限りある命なのだから、
そう思って生きていい。

フル回転のフルパワーで生きても
お釣りは返ってくる。

ゆうそ曰く、

2014年10月18日22時52分03秒_004

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ