千田琢哉曰く、

2014年10月18日22時52分03秒_005

それだけ処女作というのは
ターニングポイントのようです。

処女作に自分の人生すべてを注がないと、
その後は、鳴かず飛ばずで終わってしまう。

千田琢哉曰く、
「作家は自分が処女作で書いた内容を
 将来の数十冊や数百冊に分解して
 掘り下げながら綴っていくのだ。」

処女作から波及してその後が展開していく。

人間の体が遺伝子はそのままで、
細胞分裂を繰り返していくのと一緒です。







芸術家が名声を得ると、静寂が損なわれる。
それ故、処女作が最上の作となることが多い。

              byベートーヴェン





処女作でヒットしても、静寂を失ってはいけない。

処女作がヒットしなくても、静寂を失ってはいけない。

静寂とは、自分に謙虚になること。

どこまでもストイックなもの。

ゆうそ曰く、

2014年10月18日22時52分04秒

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ