千田琢哉曰く、

2014年10月20日06時25分03秒_001

幸運にも増刷がかかった。

「ありがとうございます!」
で終わらせてはいけない。

増刷の報告と同時に、
「次の原稿を見てもらえますか?」と
依頼することだと千田琢哉曰く。

増刷がかかる前に2冊目を書き上げてしまう。

千田琢哉曰く、
「私の場合、周囲の予想に反して処女作に増刷がかかった際に、
 編集長から中華料理をご馳走になった。
 そろそろお開きかなという頃に、
 編集長が『ところで次の・・・』と言いかけた。
 間髪入れずに『はい、これでいかがでしょうか』と
 次の原稿をバシッと手渡した。」

チャンスがやってくる前に、準備しておく。

どんな場面においても、「フライング」しておくことが、
チャンスを掴む握力になる。







フライングゲット

       byAKB48





スタートしてからゲットしようとしても、遅い。

スタートと同時にゲットしようとしても、少し遅い。

スタートする前からゲットしようとしても、ゲットするものがない。

それくらいの気持ちが大事ということです。
ゆうそ曰く、

2014年10月20日06時25分03秒_002

コメント

非公開コメント

本棚

検索をする

メールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

千田琢哉           ホームページ